竹取物語 蒼き月のかぐや姫

青い鳥文庫
タケトリモノガタリアオキツキノカグヤヒメ
  • 電子あり
竹取物語 蒼き月のかぐや姫
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

中学の古典で学ぶ物語を現代語訳で。
<竹取物語> 
 竹取の翁は、ある日、竹の中に光り輝く女の子を見つけました。竹取の翁のもとで、あっという間に大きくなった女の子は、かぐや姫と名づけられました。その美しさは国中のうわさとなり、求婚者が後をたちません。けれどもかぐや姫は、だれとも結婚しようとせず、最後に残った五人の貴公子に、それぞれ異なるお願いをします。なぜ、かぐや姫は、無理なお願いをするの? 帝とかぐや姫の間柄は? など、絵本ではわからなかった、かぐや姫のほんとうの物語。

<鉢かづき姫>
 なに不自由ないくらしをしていた姫。ところが十三歳のとき母が病死してしまいます。母にかぶせられた大きな鉢がとれなくなり、姫は「鉢かづき」とよばれて気味悪がられ、意地悪な継母のせいで、ついには家を追い出されてしまいます。
 絶望し、死のうとする鉢かづき姫でしたが……。つらくても、いつか幸せになれると信じて頑張る姫の、シンデレラストーリー。

製品情報

製品名 竹取物語 蒼き月のかぐや姫
著者名 文:時海結以 絵:水上カオリ
発売日 2012年05月10日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-285290-6
判型 新書
ページ数 224ページ
電子版製品名 竹取物語 蒼き月のかぐや姫
シリーズ 講談社青い鳥文庫

関連シリーズ

オンライン書店で見る