怪盗クイーン、 仮面舞踏会にて -ピラミッドキャップの謎 前編-

青い鳥文庫
カイトウクイーンカメンブトウカイニテピラミッドキャップノ
  • 電子あり
怪盗クイーン、 仮面舞踏会にて -ピラミッドキャップの謎 前編-
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『オリエント急行とパンドラの匣(ケース)』から2年7ヶ月――。
怪盗クイーン、ここに復活!!
世界を揺るがす謎のピラミッドキャップとは!?

舞台は、ドイツの深き森のなかにたたずむ古城。なんと、その城は奇怪にも「あべこべ」に建っていた。逆立ちして地中に深くつきささる「あべこべ城」。その奥深くには、「怪盗殺し」といわれるピラミッドキャップが眠っていた。人智を超える存在、ピラミッドキャップをめぐって、怪盗クイーン、皇帝、探偵卿,謎の組織ホテルベルリンが仮面舞踏会で火花を散らす――!

目次

  • ◇おもな登場人物◇
  • OPENING 会場は、あべこべ城
  • 第一部 ようこそ仮面舞踏会へ
  • 灰の水曜日──働き者のクイーンは、つぎの仕事を決めた
  • 汚い木曜日──皇帝は、国際刑事警察機構の探偵卿と会った
  • 煤の金曜日──クイーンは、はやくも仕事にとりかかった
  • 脂っぽい土曜日──皇帝はドイツ入りし、ホテルベルリンは迎撃準備をととのえた
  • 薔薇の日曜日──すべての登場人物がでそろい、仮面舞踏会を待っていた
  • 薔薇の月曜日──祭りで盛りあがった人たちがすこし暴れた
  • 第二部 薄切りの火曜日──あほうの謝肉祭
  • 00
  • 01
  • 02

製品情報

製品名 怪盗クイーン、 仮面舞踏会にて -ピラミッドキャップの謎 前編-
著者名 著:はやみね かおる 絵:K2商会
発売日 2008年02月16日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-285002-5
判型 新書
ページ数 464ページ
電子版製品名 怪盗クイーン、仮面舞踏会にて ピラミッドキャップの謎 前編
シリーズ 講談社青い鳥文庫

おすすめの本

オンライン書店で見る