G2 vol.10

ノンフィクション・学芸(単行本)
ジーツーボリュームテン
編:講談社
G2 vol.10
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 なぜ、女性たちは「モンスター」のような被告に惹かれるのか。東電OL殺人事件以来の社会現象となった木嶋佳苗事件。この事件をノンフィクション界の巨人・佐野眞一氏が描く。
 『ヤノマミ』で大宅賞を受賞したNHKのディレクター・国分拓氏。国分氏は震災発生後、ほぼ1年かけて原発最前線の町・南相馬に入り取材を続けてきた。南相馬に暮らし続ける若者たちは何を考え何に怒っているのか。「二十歳の原発作業員」ほか、被災地の若者たちの心の叫びを伝える。
 いま最も注目される論客・古市憲寿の新機軸レポート「ルポ戦争知らない若者たち」。アメリカ、中国、日本。世界の戦争博物館を取材してきた古市氏が社会学的なアプローチで「戦争とは何か」を考える。
 その他。取材にこだわったルポルタージュ、論文、スクープ記事を一挙掲載。

目次

  • 「木嶋佳苗裁判」全傍聴記・佐野眞一
  • 核心ルポ二十歳の原発作業員・国分拓
  • 27歳社会学者が挑発する「戦争を知らない若者たち」古市憲寿
  • 石井光太「クアラルンプール日本人女性死刑囚独占インタビュー」
  • 青木理「鳥取保険金殺人事件」
  • 薬師寺克行「政権交代失敗」
  • 藤吉雅春「家畜化する日本人」
  • 斎藤貴男「福島の給食」
  • 増田俊也「木村政彦と力道山」
  • 安田浩一「ネトウヨ最新報告」
  • 毛利甚八「原発訴訟と裁判官」
  • 澤宮優「三塁ベースコーチ」
  • 今西憲之「検察審査会メンバーの告白」
  • 森功「LCC最前線報告」

製品情報

製品名 G2 vol.10
著者名 編:講談社
発売日 2012年04月27日
価格 定価 : 本体1,143円(税別)
ISBN 978-4-06-284360-7
判型 A5
ページ数 416ページ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV