サリー&マグナム OF THE GENUS ASPHALT

講談社BOX
サリーアンドマグナムオブザジーナスアスファルト
著:てり 絵:De
サリー&マグナム OF THE GENUS ASPHALT
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

30手前でフリーランスの配管工として独立し、埼玉に小さなマンションを買った。華も金もない人生ではあるが不自由はない、ありふれた独身男の俺は人よりも少しばかり“目がいい”。肉体を持たずに生まれ落ちたこの世の不具合、バグと呼ばれる魑魅魍魎を見ることができる。
ある月の夜に俺は、アスファルトからドゥルンと立ち上がる美形のにーちゃんと出会う。アスファルトの精だというその男、サリーはやたら馴れ馴れしい女言葉で俺に絡む。
「ねぇん、いつになったらチューしていいのん?」
その日から俺の周りはにわかにバグで賑やかになる。男色吸血鬼、半裸の少年、セミの亡霊に空飛ぶ鯨――騒乱の影で、平穏が静かに食い荒らされているとも知らず!

講談社BOXの新時代新人賞、BOX-AiR新人賞の第二期受賞作刊行スタート。
第11回BOX-AiR新人賞受賞作は、少し不思議なハイウェイ・アクション!

目次

  • プロローグ
  • 1.ボーイ・ミーツ・ボーイ
  • 2.パリ・マグナム・ラリー
  • 3.バギー・プログラム
  • 4.チーム・デンバー
  • 5.ローアスファルト・ローライフ
  • 6.フル・オート・マグナム
  • 7.ファイナル・ソリューション
  • エピローグ

製品情報

製品名 サリー&マグナム OF THE GENUS ASPHALT
著者名 著:てり 絵:De
発売日 2013年01月07日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-283827-6
判型 B6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社BOX
初出 電子雑誌『BOX‐AiR』掲載原稿を、単行本化にあたり大幅に加筆修正したもの。

著者紹介