文化祭の夢に、おちる

講談社BOX
ブンカサイノユメニオチル
著:彩坂美月 絵:
  • 電子あり
文化祭の夢に、おちる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

三年に一度だけ行われる桐乃高校文化祭。
その準備中、五名の生徒が吊り上げられていた巨大壁画の下敷きになってしまう。
眠りから醒めた相原円が見たのは、いつもの通学路にいつもの校舎。
見慣れた夏の光景のはずなのに、そこはどこかいびつな、誰もいない世界で……?

2012年本格ミステリ大賞最終候補作『夏の王国で目覚めない』で大注目の彩坂美月が贈る、青春<神隠し>小説!

目次

  • プロローグ 
  • 第一章 誰もいない町  
  • 第二章 眠る校舎  
  • 第三章 歪んだ王国  
  • 第四章 閉ざされた世界 
  • 第五章 終わる時間 
  • エピローグ

製品情報

製品名 文化祭の夢に、おちる
著者名 著:彩坂美月 絵:
発売日 2012年07月02日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-283803-0
判型 B6
ページ数 304ページ
電子版製品名 文化祭の夢に、おちる
シリーズ 講談社BOX

著者紹介

著:彩坂美月(アヤサカミツキ)

12月31日生まれ。山形県出身。早稲田大学第二文学部卒。第7回富士見ヤングミステリー大賞準入選作『未成年儀式』(2009)で作家デビュー。
『夏の王国で目覚めない』(早川書房、2011)が第12回本格ミステリ大賞最終候補に残るなど、注目を集める若手作家。

絵:庭(ニワ)

イラストレーター。神奈川県県在住。
入間人間『時間のおとしもの』(メディアワークス文庫)、山中恒『ぼくがぼくであること』(角川つばさ文庫)などの表紙イラストを務める。

オンライン書店で見る