黄昏百鬼異聞録

講談社BOX
タソガレヒャッキイブンロク
黄昏百鬼異聞録
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

妖怪を見ることができる「見鬼」の力をもつ少年、九十九秀真。
幼い頃に出会った血塗れの美少女・神楽は『魍魎』――墓場を荒らし屍肉を貪る妖怪だった。
数年後、急死した父親の幻影に怯える秀真に神楽が囁く。
「私が、彼の肉も骨も全部喰らって、綺麗さっぱり無くしてあげる」。
その夜、棺から遺体が消えて――……。

目次

  • 第一話「魍魎少女」
  • 第二話「稲荷神環」
  • 第三話「偽妖影女」
  • 第四話「闇主白菊」
  • 第五話「放浪小路」
  • 第六話「魔神辻神」
  • 外伝「付喪童女」

製品情報

製品名 黄昏百鬼異聞録
著者名 著:蒼月 海晴 絵:ウタコ
発売日 2012年04月02日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-283798-9
判型 B6
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社BOX
初出 電子雑誌『BOX-AiR』1号~3号、5号、7号、8号掲載原稿を単行本化にあたり加筆修正。

著者紹介

著:蒼月 海晴(アオツキ カイセイ)

宮城県仙台市生まれ、東京都北区在住。日本大学理工学部卒業。
妖怪とサイエンスと海洋生物を愛する徘徊小説家。本作で第2回BOX-AiR新人賞を受賞、デビュー。

絵:ウタコ(ウタコ)

福岡県出身、東京都在住のイラストレーター。趣味は劇団。
「UTACO」http://utaco.rurara.com/