戦国BASARA3 石田三成の章

講談社BOX
センゴクバサラスリーイシダミツナリノショウ
著:梶 よう子 協力:カプコン 絵:堤 芳貞
戦国BASARA3 石田三成の章
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

豊臣秀吉亡き後、琵琶湖のほとりで蟄居しながらも、家康に復讐するため機を伺う石田三成の下に不穏な噂が届く。“魔王信長の遺した、強大な力が秘められた匣が何処かにある”という。そんな中、城下に奇病が発生し、その原因を調べていた三成は、とある少年と出会う――。

製品情報

製品名 戦国BASARA3 石田三成の章
著者名 著:梶 よう子 協力:カプコン 絵:堤 芳貞
発売日 2012年02月13日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-283796-5
判型 B6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社BOX
初出 2010年7月に発表された家庭用ゲームソフト「戦国BASARA3」(カプコン)をベースにした、書き下ろし作品。

著者紹介

著:梶 よう子(カジ ヨウコ)

(かじようこ) 小説家。東京都生。フリーライターの傍ら2005年「い草の花」にて第12回九州さが大衆文学賞大賞を受賞。08年「一朝の夢」にて第15回松本清張賞を受賞(受賞を機に筆名・作品名を蘇芳よう子「槿花、一朝の夢」から変更)。