はっけよい! 雷電

ハッケヨイライデン
はっけよい! 雷電
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

小学6年生の主人公・吉田太郎は、ひょんなことから江戸時代の相撲場にタイムスリップしてしまいました。そこで出会った名大関・雷電とともに、誘拐事件を解決したり、相撲をめぐる藩と藩の争いに巻き込まれたり、天ぷらの揚げ方のコツをつかんだり……。ハラハラドキドキの楽しい日々が続くのですが、現代に戻らないわけにはいきません。
いよいよ千秋楽。太郎は雷電と相談して、対戦相手を体の上に投げてもらい、気を失って東京に戻るという作戦を立てたのですが……。
巻末には、「主人公・吉田太郎の自由研究 雷電為右衛門関と大相撲のすべて」が掲載されています。雷電の実物大の手形や当時の番付など貴重な資料がいっぱいで、相撲が大好きになることうけあい! です。

目次

  • もくじより
  • 一 時の迷い人
  • 二 取り囲まれて
  • 三 あけみちゃん
  • 四 朝げいこ
  • 五 ゆうかい事件
  • 六 賭け
  • 七 寄席と天ぷら
  • 八 土俵下から
  • 九 雷電と小野川
  • 十 久留米藩へ乗りこむ
  • 十一 五人掛かり
  • そのごのこと
  • 主人公・吉田太郎の自由研究 雷電為右衛門関と大相撲のすべて

製品情報

製品名 はっけよい! 雷電
著者名 著:吉橋通夫
発売日 2017年03月21日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-283243-4
判型 四六
ページ数 256ページ
シリーズ 文学の扉

著者紹介

著:吉橋通夫(ヨシハシミチオ)

吉橋通夫(よしはし・みちお)
1944年、岡山県生まれ。法政大学卒。「季節風」同人。『たんばたろう』(TBSブリタニカ)で毎日童話新人賞受賞。『京のかざぐるま』(岩崎書店)で日本児童文学者協会賞受賞。『なまくら』(講談社文庫)で野間児童文芸賞、京都水無月大賞受賞。ほかに、『風の海峡』(上下巻、講談社)『すし食いねえ』(講談社)『真田幸村と忍者サスケ』 (角川つばさ文庫)などの著書がある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV