ムーミンママのハンドバッグ

講談社の絵本
ムーミンママノハンドバッグ
ムーミンママのハンドバッグ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ムーミンママがどんなときでも肌身離さず、大切にしている黒いハンドバッグ。そんな、ママの目印でもあるハンドバッグの中には、なにがはいっているの? そんな想像をふくらまして、絵本ができました。バッグを開いていくと、ムーミン童話でおなじみのアイテムがいっぱい。ひとつひとつのアイテムに、ムーミン童話のさまざまなエピソードが思い起こされます。原作の世界から飛び出した、持ち歩けるバッグ形のキュートな絵本。

製品情報

製品名 ムーミンママのハンドバッグ
著者名 絵:リーナ・カーラ 絵:サミ・カーラ 文:カタリーナ・ヘイララ 文:レーナ・ヤルヴェンパー 訳:高橋 絵里香
発売日 2016年12月08日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-283104-8
判型 A4変型
ページ数 16ページ
シリーズ 講談社の翻訳絵本

著者紹介

絵:リーナ・カーラ(リーナ・カーラ)

カーラ夫妻は、ともに美術教師の資格を持つイラストレーター・絵本作家で、ふたりは、トーベ・ヤンソン作品のもつ哲学や調和を大切にしながら、ムーミン絵本の制作にあたっている。その絵本のなかでは、ムーミンの世界に存在する、よろこびやエネルギー、ユーモアが最大限に再現されており、フィンランド国内でも高い評価を得ている。『ムーミンのさがしもの』(講談社)など、ムーミントロールやちびのミイを主人公とした、夫妻のムーミン絵本は、すでに10数冊にもおよぶ。4人の息子とともに、南フィンランドのシウンティオで暮らしている。

絵:サミ・カーラ(サミ・カーラ)

カーラ夫妻は、ともに美術教師の資格を持つイラストレーター・絵本作家で、ふたりは、トーベ・ヤンソン作品のもつ哲学や調和を大切にしながら、ムーミン絵本の制作にあたっている。その絵本のなかでは、ムーミンの世界に存在する、よろこびやエネルギー、ユーモアが最大限に再現されており、フィンランド国内でも高い評価を得ている。『ムーミンのさがしもの』(講談社)など、ムーミントロールやちびのミイを主人公とした、夫妻のムーミン絵本は、すでに10数冊にもおよぶ。4人の息子とともに、南フィンランドのシウンティオで暮らしている。

文:カタリーナ・ヘイララ(カタリーナ・ヘイララ)

フィンランド・タンミ社の編集者

文:レーナ・ヤルヴェンパー(レーナ・ヤルヴェンパー)

フィンランド・タンミ社の編集者

訳:高橋 絵里香(タカハシ エリカ)

1984年生まれ。北海道の中学校を卒業後、単身でフィンランドに渡り、ホームステイをしながら現地の高校を卒業。そのままオウル大学に入学し生物学と地質学を学ぶ。教育にも関心を深め、現在はフィンランドで教師をめざして勉強中。著書に『青い光が見えたから--16歳のフィンランド留学記』、訳書に『ムーミンキャラクター図鑑』(ともに講談社)がある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV