あ、はるだね

講談社の絵本
アハルダネ
あ、はるだね
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2014年6月刊行の『クジラにあいたいときは』(原題:If you want to see a whale)に続く、コルデコット賞受賞作家エリン・E・ステッドとジュリー・フォリアーノによる絵本第二弾。

原題は"And then it's spring"で、アメリカで2012年に刊行。ワシントンポストやウォールストリートジャーナルで紹介され、数々のランキングやブックリストに登場。ベストセラーとなっています。

まだ雪が一面に残るある冬の日、一人の少年と、彼の犬は、雪が溶けて茶色の地面が顔を出したとき、種をまくことを決めました。
地面に穴を掘って、種を埋めると、じっくりじっくり待ちました。鳥が地面を掘り起こしませんように。雨が降りますようにと。1週間待って、さらに1週間。そして春が来ると……。

製品情報

製品名 あ、はるだね
著者名 文:ジュリー・フォリアーノ 絵:エリン.E・ステッド 訳:金原 瑞人
発売日 2015年02月13日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-283086-7
判型 B5変型
ページ数 32ページ
シリーズ 講談社の翻訳絵本

著者紹介

文:ジュリー・フォリアーノ(ジュリー・フォリアーノ)

米国・ハドソンバレー在住の絵本作家。夫と二人の子供からインスピレーションを得ながら作品を書いている。作品は他に『クジラにあいたいときは』(絵/エリン・E.ステッド、訳/金原瑞人)がある。

絵:エリン.E・ステッド(エリン.E・ステッド)

絵本作家。1982年米国ミシガン州生まれ。初めての作品『エイモスさんが かぜを ひくと 』で2011年コルデコット賞受賞するなど、高い評価を得ている。ほか、作品に『ねむるまえに クマは 』(光村教育図書)など。

訳:金原 瑞人(カネハラ ミズヒト)

1954年、岡山県生まれ。翻訳家、法政大学社会学部教授。ヤングアダルトを中心に精力的に海外文学を紹介しており、訳書は400点を超える。主な訳書に『豚の死なない日』(白水社)、『青空のむこう』(求龍堂)。また、翻訳のほかに書評やエッセーなども幅広く手がける。『翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった』(牧野出版)、編著書に『12歳からの読書案内』(すばる舎)など。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV