セラピードッグの子守歌 認知症患者と犬たちの3500日

介護ライブラリー
セラピードッグノコモリウタニンチショウカンジャトイヌタチノサンゼンゴヒャクニチ
  • イベント
セラピードッグの子守歌 認知症患者と犬たちの3500日
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

哲学者・大谷大学教授・大阪大学前総長 鷲田清一氏推薦!
「犬は<感情>の賢者。その意味がじわーっと見えてくる」

犬たちがいれば、失われたはずの記憶が、言葉が、そして笑顔がよみがえる――
認知症を癒やす「ドッグセラピー」。その現場を4年にわたり密着取材した感動の書きおろしドキュメント

失われた<自分>をさがして――認知症患者と犬たちの長い旅路

患者の記憶は死滅することなく、眠っていたのだ。わずかに残っている記憶には、人生が凝縮し、結晶している。セラピードッグは人を記憶の在りかに導く。そこには涸れることのない記憶の泉があるのだろう。――<本文より>

「奇跡」はなぜ起きたのか――
脳科学・医学の視点からドッグセラピーを徹底検証

起床時に手の中に便を握っていることもあった八〇歳の女性が、重度の認知症から回復の兆しを見せている。最初は目の前にいる犬も認識できなくて、まるで会話が成立しなかったのに、つじつまの合う発言が増えてきた。(中略)この施設を訪問しているうちに、私の驚きは疑問に変わった。ここでは何が起きているのか。――<序章より>

製品情報

製品名 セラピードッグの子守歌 認知症患者と犬たちの3500日
著者名 著:真並 恭介
発売日 2011年11月07日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-282455-2
判型 四六
ページ数 256ページ
シリーズ 介護ライブラリー

お知らせ・ニュース

イベント
【大好評!】遊びリテーション セミナー(介護レクリエーション講座)
【講師】三好春樹(理学療法士)+土居新幸(言語聴覚士)
【日時】2018年1月27日(土)10時~15時30分(9時30分開場)
【会場】愛媛県男女共同参画センター 多目的ホール
【参加費】3000円

【申込み・問合せ】
特定非営利活動法人 愛と心えひめ
TEL 089-914-0731 FAX 089-914-0732
E-mail aitokokoro.e@sgr.e-catv.ne.jp
イベント
『新しい回想レクリエーション「人生紙芝居」』発刊記念 紙芝居の夕べ
11月28日、『新しい回想レクリエーション「人生紙芝居」』が堂々刊行。
これを記念して、介護レクリエーションの特別セミナーを開催します!

認知症の人が喜ぶ最高の楽しみ。
地域ケアのツールとしても役立つスゴ技がここに!

【イベント内容】
このセミナーでご紹介するのは、「人生紙芝居」というレクリエーションです。
文字通り、お年寄りの人生を10枚の紙芝居にまとめ、
職員やご利用者の前で上演する、全く新しい取り組み。その特徴は……

●回想法をベースにしており、認知症のあるお年寄りのケアに最適
●若い頃の思い出がかたちになり、お年寄りが大喜び
●誕生日プレゼントにもってこい
●職員とお年寄り・またはお年寄り同士の交流が深まるきっかけになる
●地域住民を観客に上演したり、年賀状に加工するなどさまざまな展開が可能

講師は、人生紙芝居の発案者・奥田真美さん。
静岡県にある宅老所「みんなの家」で、今も人生紙芝居を作り続けています。
紙芝居の意義から作り方、さらには上演のしかたまで、すべてを学べます!

さらに今回は、あの三好春樹先生も認めたレク名人・土居新幸さんを
特別ゲストにお呼びし、「群読演紙芝居」と軽体操の実技も行います。
レクリエーションの演目にお困りの方や、
新しい技術を身につけたい介護職の方に超おすすめ!

もちろん、「ちょっと興味がある」という一般の方にも楽しんでいただけます。
みなさまお誘い合わせの上、ふるってご参加ください!!

【概要】
日時:2017年12月7日(木) 19:00~21:30

場所:ABC会議室別館6F カフェインスクエア
東京都豊島区東池袋1-6-4 伊藤ビル6F(JR池袋駅東口より徒歩1分)
http://abc-kaigishitsu.com/ikebukuro/bekkan_access.html

参加費:1500円

申し込み方法:
FAX 03-5986-1776(ブリコラージュ編集部)または、
brico@nanasha.co.jpへメールで。
※お名前、ご所属(事業所等)、ご住所、電話番号、
メールアドレスをお書きの上、お申込みください。
メールの方は、件名にセミナー名を明記してください。