セラピードッグの子守歌 認知症患者と犬たちの3500日

介護ライブラリー
セラピードッグノコモリウタニンチショウカンジャトイヌタチノサンゼンゴヒャクニチ
  • イベント
セラピードッグの子守歌 認知症患者と犬たちの3500日
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

哲学者・大谷大学教授・大阪大学前総長 鷲田清一氏推薦!
「犬は<感情>の賢者。その意味がじわーっと見えてくる」

犬たちがいれば、失われたはずの記憶が、言葉が、そして笑顔がよみがえる――
認知症を癒やす「ドッグセラピー」。その現場を4年にわたり密着取材した感動の書きおろしドキュメント

失われた<自分>をさがして――認知症患者と犬たちの長い旅路

患者の記憶は死滅することなく、眠っていたのだ。わずかに残っている記憶には、人生が凝縮し、結晶している。セラピードッグは人を記憶の在りかに導く。そこには涸れることのない記憶の泉があるのだろう。――<本文より>

「奇跡」はなぜ起きたのか――
脳科学・医学の視点からドッグセラピーを徹底検証

起床時に手の中に便を握っていることもあった八〇歳の女性が、重度の認知症から回復の兆しを見せている。最初は目の前にいる犬も認識できなくて、まるで会話が成立しなかったのに、つじつまの合う発言が増えてきた。(中略)この施設を訪問しているうちに、私の驚きは疑問に変わった。ここでは何が起きているのか。――<序章より>

製品情報

製品名 セラピードッグの子守歌 認知症患者と犬たちの3500日
著者名 著:真並恭介
発売日 2011年11月07日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-282455-2
判型 四六
ページ数 256ページ
シリーズ 介護ライブラリー

お知らせ・ニュース

イベント
三好春樹さん×土居新幸さん『完全図解 遊びリテーション大全集』(講談社)刊行記念  トークセッション
2017年7月15日開催(19:30~)
会場:ジュンク堂書店 池袋本店

認知症も寝たきりも逃げていく。「遊び」こそ介護と福祉の切り札だ!

「遊びリテーション」とは、リハビリ効果も期待できるレクリエーションのこと。
30年ほど前に現場で生まれ、今でも各地で行われています。
100歳のおばあさんが欠かさず参加し、不機嫌だったおじいさんが嬉々として取り組む。認知症の人が夢中になり、片まひの人が笑顔になる。
そんなパワーを秘めた真にバリアフリーな楽しみ、それが「遊びリテーション」です。

今回行うのは、提唱者のひとりである三好春樹さんのトークと、達人・土居新幸さんの実演による参加型セッション。
みなさんを豊かで奥深い遊びの世界へご案内します。ご期待ください。

【講師紹介】
●三好春樹(みよし・はるき)
1950年生まれ。理学療法士、「生活とリハビリ研究所」代表。
年間150回を超える講演と実技指導で現場の介護職から絶大な支持を得ている。『遊びリテーション 障害老人の遊び・ゲームの処方箋』(共著、医学書院)で初めて「遊びリテーション」を提唱。12万部超のベストセラー『完全 新しい介護』(講談社、2014年に全面改訂)や、ロングセラー『認知症介護 現場からの見方と関わり学』(雲母書房)など著書多数。

●土居新幸(どい・しんこう)
1946年生まれ。言語聴覚士、介護支援専門員、社会福祉士。
老人病院でリハビリ担当を務めていたとき遊びリテーションと出合い、さっそく院内で始める。その後、株式会社未来設計に移り、系列の有料老人ホームで遊びを継続展開中。デイサービスや障害者福祉施設などでも行い、その実践歴は30年近くに及ぶ。共著に『一人から始める老人ケア』(雲母書房)がある。

★入場料はドリンク付きで1000円です。当日、会場の4F喫茶受付でお支払いくださいませ。
※事前のご予約が必要です。1階サービスコーナーもしくはお電話にてご予約承ります。
※トークは特には整理券、ご予約のお控え等をお渡ししておりません。
※ご予約をキャンセルされる場合、ご連絡をお願い致します。(電話:03-5956-6111) 

■イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。
ジュンク堂書店池袋本店
TEL 03-5956-6111
東京都豊島区南池袋2-15-5