ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング

講談社+α文庫
ハードワーク カツタメノマインドセッティング
  • 電子あり
ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

W杯で日本に歴史的な勝利をもたらし、日本中を熱狂させたラグビー元日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ氏が、チームを勝利に導くための方法論を自らの言葉で語った1冊。「ハードワーク」のキーワードは「ジャパン・ウェイ」。日本人の長所を最大限に活かし、短所を長所に変えることで、実力以上の力を発揮させる、エディー流の必勝法だ。「マイナス思考を捨てれば、誰でも成功できる」「向上心のない努力は無意味」「“完璧”にとらわれるな」「戦いに興奮はいらない」など、彼のメッセージはビジネスにも役に立つものばかり。これを読めば、エディー流の「勝つための」マインドセッティング(心構え)が必ず身に付く! 解説/持田昌典(ゴールドマン・サックス証券株式会社社長)

目次

  • はじめに――マイナス思考を捨てれば、誰でも成功できる
  • 第一章 日本人独自のやり方で勝つ
  • 目標は不可能そうなほど大きなものがよい/スケジュールを固定するな/短所は長所にもなりえる/「完璧」にとらわれすぎる日本人 他
  • 第二章 どう戦略を立てるか
  • 「繰り返し」の効果/言葉を現実にする方法/部下を公平に扱うことの大事さ/目先の勝敗は気にしなくてよい/リスクを負わないと、進歩はない/明確なビジョンを持つ 他
  • 第三章 何が勝敗を分けるか
  • 戦いに興奮はいらない/国歌を歌えないチームが弱い理由/コーチはセールスマンに似ている/「やってみなはれ」の素晴らしさ/状況判断が苦手な日本人/成功の後に、落とし穴がある 他
  • 第四章 成功は準備がすべて
  • 教わる立場で考える/怒る時は必ず演技で/感情で人を評価するな/勇気とは慣れた自分を捨てること/自分を追い込むための訓練/言い訳が成功を阻んでいる/決断するから進歩が生まれる/明日のために準備せよ 他
  • あとがき――部下がリーダーを超える時
  • 解説/持田昌典(ゴールドマン・サックス証券株式会社代表取締役社長)

製品情報

製品名 ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング
著者名 著:エディー・ジョーンズ
発売日 2018年02月22日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-281741-7
判型 A6
ページ数 208ページ
電子版製品名 ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は、2016年12月に小社より単行本として刊行されました。文庫化にあたり、一部を加筆、修正しました。

著者紹介

著:エディー・ジョーンズ(エディー・ジョーンズ)

1960年、オーストラリア、タスマニア州生まれ。小学生高学年でラグビーをはじめ、現役時はニューサウスウェールズ州代表として活躍。1996年にプロのコーチに転身。2001年、母国オーストラリア代表のヘッドコーチに就任、ラグビーワールドカップ2003で準優勝を収めた。2007年には南アフリカ代表のテクニカルアドバイザーとして、ラグビーワールドカップで優勝に導いた。2012年に日本代表ヘッドコーチ就任。ラグビーワールドカップ2015では優勝候補の南アフリカを初戦で撃破、日本代表にワールドカップの舞台で24年ぶりの勝利をもたらせた。2015年12月、イングランド代表のヘッドコーチに就任。2016年初頭のヨーロッパ王者を決めるシックスネーションズカップで全勝優勝。翌2017年のシックスネーションズで連覇と手腕を発揮している。『ラグビー元日本代表ヘッドコーチとゴールドマン・サックス社長が教える 勝つための準備』(持田昌典との共著/講談社)他著書数。

オンライン書店で見る