神々にえこひいきされた男たち

講談社+α文庫
カミガミニエコヒイキサレタオトコタチ
  • 電子あり
神々にえこひいきされた男たち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

鈴木京香さん推薦!
「伊達男たちのグルーミングタイムを覗いた気分です。美酒、美食、葉巻、音楽、そしてウィットに富んだ会話…濃密な時間を無邪気に愉しむ姿に女は嫉妬するんですね」

「この歳まで生きてきて少しわかったことがある。それは『人生は運と縁とセン スである』ということだ。人生は真にままならないものではあるが、運と縁とセン スに恵まれていれば、仕事も遊びも恋情も友情も何とかなるのではないだろうか」

エッセイスト、そして「サロン・ド・シマジ」バーマンである著者の人気メルマガ「週刊 SUPER Shimaji-Holic」が書籍化!

テーマは女、食、酒、仕事、 本、映画について。そして神々にえこひいきされ、去っていった男たちに墓碑銘を。
どこから読んでも楽しめるエッセイ集。

目次

  • 序文 菅原正二
  • 第一章 男と女は誤解して愛し合い、理解して別れる。
  • 第二章 毒蛇は決して急がない。
  • 第三章 飯は一人で食うより二人で食べる方が美味い。
  • 第四章 人生は恐ろしい冗談の連続である。
  • 第五章 知る悲しみは知らない悲しみより上質な悲しみである。
  • 第六章 元気こそが正義である。
  • 第七章 ロマンティックな浪費から文化は生まれる。

製品情報

製品名 神々にえこひいきされた男たち
著者名 著:島地 勝彦
発売日 2017年05月18日
価格 定価 : 本体980円(税別)
ISBN 978-4-06-281718-9
判型 A6
ページ数 496ページ
電子版製品名 神々にえこひいきされた男たち
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本作品は2013年12月から2016年10月までに配信されたメールマガジンを加筆・修正し、書籍化したものです。

著者紹介

著:島地 勝彦(シマジ カツヒコ)

1941年東京生まれ。エッセイスト。「週刊プレイボーイ」「PLAYBOY日本版」の編集長として、数々のヒット企画、連載を手掛けた。主な著書に『お洒落極道』(小学館)、『えこひいきされる技術』『甘い生活』(講談社)、『バーカウンターは人生の勉強机である』(CCCメディアハウス)など。現在、「MEN’S Precious」「Pen」などで雑誌連載を持ち、「現代ビジネス」(講談社)ほかのWebマガジンでも執筆中。伊勢丹新宿店メンズ館でシガーバーを併設したセレクトショップ「サロン・ド・シマジ」のプロデューサー・バーマンでもある。

オンライン書店で見る