在日マネー戦争

講談社+α文庫
ザイニチマネーセンソウ
著:朴 一
  • 電子あり
在日マネー戦争
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大正期、朝鮮半島から玄界灘を越え、三人の男が日本に渡ってきた。戦後、多くの在日コリアンが棲みついた大阪・猪飼野を舞台に繰りひろげられた、在日金融機関の設立・再編をめぐるマネー戦争。「在日のドン」と呼ばれる男たちの栄光と挫折のマネーゲームに迫った渾身ノンフィクション! 解説・野村進

目次

  • 第一章 コリアンタウン猪飼野
  • 第二章 闇市からの出発
  • 第三章 民族金融機関の誕生
  • 第四章 日本一の信用組合へ
  • 第五章 本国への進出
  • 第六章 金融再編と李王朝の崩壊
  • 第七章 幻のドラゴン銀行
  • 第八章 近産信「クーデター」事件

製品情報

製品名 在日マネー戦争
著者名 著:朴 一
発売日 2017年01月19日
価格 定価 : 本体630円(税別)
ISBN 978-4-06-281707-3
判型 A6
ページ数 240ページ
電子版製品名 在日マネー戦争
シリーズ 講談社+α文庫

著者紹介

著:朴 一(パク イル)

1956年、兵庫県尼崎市に生まれる。在日コリアン三世。同志社大学大学院博士課程修了。商学博士。大阪市立大学経済学部教授。高麗大学客員教授。『新報道2001』(フジテレビ)、『そこまで言って委員会NP』『かんさい情報ネットten.』『情報ライブミヤネ屋』(以上、読売テレビ)、『教えて!NEWSライブ 正義のミカタ』(朝日放送)などのテレビ番組でコメンテイターとして活躍中。在日問題や日韓、日朝経済について独自の視点から提言する。専攻は朝鮮半島の政治と経済。著書に、『僕たちのヒーローはみんな在日だった』(講談社+α文庫)『「在日コリアン」ってなんでんねん?』(講談社+α新書)『<在日>という生き方』(講談社選書メチエ)などがある。

オンライン書店で見る