二人のエース 広島カープ弱小時代を支えた男たち

講談社+α文庫
フタリノエースヒロシマカープジャクショウジダイヲササエタオトコタチ
  • 電子あり
二人のエース 広島カープ弱小時代を支えた男たち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2016年のセ・リーグのペナントレースは、広島カープがぶっちぎりの強さで制覇した。

そして、今を遡ること、41年前、最初の奇跡が起こった!
――広島カープ初優勝! 1975年も広島は神ってた!!

しかし、そこに至るまでの道のりは平坦ではなかった。
「お荷物球団」「弱小暗黒時代」……そんな、カープに一筋の光を与えた二人の投手がいた。
外木場義郎と安仁屋宗八、この二人と共に築いたカープの男たちの礎が、今の栄光につながる!

多くの野球人に取材を敢行し、当時の奮闘の日々が鮮やかに蘇るノンフィクション。

製品情報

製品名 二人のエース 広島カープ弱小時代を支えた男たち
著者名 著:鎮 勝也
発売日 2016年10月21日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-281703-5
判型 A6
ページ数 320ページ
電子版製品名 二人のエース 広島カープ弱小時代を支えた男たち
シリーズ 講談社+α文庫

著者紹介

著:鎮 勝也(シズメ カツヤ)

1966年、大阪府吹田市出身。スポーツライター。大阪府立摂津高校、立命館大学産業社会学部卒。デイリースポーツ、スポーツニッポン新聞社で整理、取材記者を経験する。スポーツ紙記者時代は主にアマ・プロ野球とラグビーを担当。野球は久保康生、藪恵壹、山田正雄各氏、ラグビーは坂田好弘氏に師事する。著書に『花園が燃えた日』(論創社)、『君は山口高志を見たか』(講談社+α文庫)がある。

オンライン書店で見る