院内刑事

講談社+α文庫
インナイデカ
  • 電子あり
院内刑事
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

文庫書きおろし!
廣瀬知剛は、政治家も利用する大手病院で働く警視庁公安総務課OB。モンスターペイシェント、院内暴力、セクハラ、果ては暴力団関係者、薬物反応の出た患者の対応まで、ありとあらゆるトラブルの処理に追われている。
ある日、脳梗塞で倒れた財務大臣がICUに運ばれてきた。どうやら何者かに一服盛られたらしい――院内刑事の秘密捜査がはじまる!

目次

  • 第一章 政治生命
  • 第二章 情報収集
  • 第三章 院内交番
  • 第四章 福岡の動き
  • 第五章 院内暴力
  • 第六章 原因不明の病
  • 第七章 追及

製品情報

製品名 院内刑事
著者名 著:濱 嘉之
発売日 2017年02月20日
価格 定価 : 本体630円(税別)
ISBN 978-4-06-281700-4
判型 A6
ページ数 304ページ
電子版製品名 院内刑事
シリーズ 講談社+α文庫

著者紹介

著:濱 嘉之(ハマ ヨシユキ)

1957年、福岡県生まれ。中央大学法学部法律学科卒業後、警視庁入庁。警備部警備第一課、公安部公安総務課、警察庁警備局警備企画課、内閣官房内閣情報調査室、再び公安部公安総務課を経て、生活安全部少年事件課に勤務。警視総監賞、警察庁警備局長賞など受賞多数。2004年、警視庁警視で辞職。衆議院議員政策担当秘書を経て、2007年『警視庁情報官』で作家デビュー。主な著書に『警視庁情報官』『ヒトイチ 警視庁人事一課監察係』『警視庁公安部・青山望』シリーズなど。現在は危機管理コンサルティングに従事するかたわら、TVや紙誌などでコメンテーターとしても活躍中。

オンライン書店で見る