逆説の生き方

講談社+α文庫
ギャクセツノイキカタ
  • 電子あり
逆説の生き方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ミリオンセラー『思考の整理学』の著者、知の巨人による初の幸福論!
東大生・京大生に一番読まれた本の著者である外山滋比古氏が、自らの経験や古今東西の実例から、幸福にとって何が欠かせないか明快に教えてくれます。
いわく「前列人間より後列人間になれ。自己宣伝しないと生きていけないと思うのは浅い考え」「人が生きるのに必要なのは考える力。知識は考える力の邪魔」「傷ついたリンゴは甘い。コンプレックスや苦労をどうとらえるかが大事」。コンプレックスや苦労をどうとらえるかが大事」「会社を辞めることも悪くない」「『どうせ』と思う人はあらゆる幸せから遠のく」「一人前の人間が備えるべき心の機微」などなど。
自身のマイナス経験がどれほどプラスだったかをはじめ、豊富なエピソードをユーモアもときに交えて紹介。外山先生が導きだす逆転の価値観こそ、本物の「生きるための方程式」です。

目次

  • 第一章 結果を見れば
  •   前列人間と後列人間
  •  「どうせ」の短慮
  •   三分の人事七分の天
  •   無敵が大敵
  •   知らなきゃ強い
  •   我慢
  • 第二章 失敗とはなにか
  •   自信喪失
  •   コンプレックス
  •   傷のあるリンゴ
  •   はじめの好運
  •   上り坂下り坂
  • 第三章 一人前であるということ
  •   つつ抜け
  •   ことばづかい
  •   傍若無人
  •   なしのつぶて
  •   快食
  •   ブタも木にのぼる
  • 第四章 ひとつの流儀
  •   同じ釜の飯
  •   試行錯誤
  •   潮どき
  •   自由とカネ
  •   考える人間

製品情報

製品名 逆説の生き方
著者名 著:外山 滋比古
発売日 2016年09月21日
価格 定価 : 本体540円(税別)
ISBN 978-4-06-281693-9
判型 A6
ページ数 192ページ
電子版製品名 逆説の生き方
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本作品は、2010年1月に小社から刊行された『「マイナス」のプラス ――反常識の人生論』を改題・一部訂正・加筆のうえ、文庫化したものです。

著者紹介

著:外山 滋比古(トヤマ シゲヒコ)

1923年、愛知県に生まれる。評論家。専門の英文学のほか、言語論、修辞学、教育についての著作が多い。東京文理科大学英文科卒業。東京教育大学助教授、お茶の水女子大学教授、昭和女子大学教授を経て、お茶の水女子大学名誉教授。文学博士。教職のかたわら、雑誌『英語青年』『英語文学世界』を編集。著書には、『思考の整理学』『知的生活習慣』(ともに筑摩書房)、『新エディターシップ』(みすず書房)、『乱談のセレンディピティ』(扶桑社)、『「長生き」に負けない生き方』(講談社+α文庫)ほか多数。

オンライン書店で見る