完全版 猪飼野少年愚連隊 奴らが哭くまえに

講談社+α文庫
カンゼンバンイカイノショウネングレンタイヤツラガナクマエニ
  • 電子あり
完全版 猪飼野少年愚連隊 奴らが哭くまえに
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

昭和30年代、大阪・猪飼野――在日朝鮮人密集地は、愚連隊とやくざ組織が跳梁する地域でもあった。当時一千余人の構成員を擁したといわれる“明友会”は、猪飼野がうみだした朝鮮人愚連隊だった。しかしその明友会は、昭和35年、山口組との抗争に敗れ壊滅。
三丁目長屋に住む十代のノブオ、ヒウォン、ミツアキ、ヨーカ、わたし、そしてリーダー格の百番地のマサオたちは、時代と地域の色濃い空気に翻弄され影響を受けながら、やがてそれぞれの道を突き進んでいく。昭和ノスタルジー・ノンフィクションの傑作!

目次

  • プロローグ
  • 昭和三十三年夏
  • 真田山事件
  • 粗暴少年グループ
  • マサオと愚連隊の街
  • 明友会壊滅
  • エピローグ
  • 文庫版のためのあとがき 五十年前の忘れもの

製品情報

製品名 完全版 猪飼野少年愚連隊 奴らが哭くまえに
著者名 著:黄 民基
発売日 2016年09月21日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-281692-2
判型 A6
ページ数 352ページ
電子版製品名 完全版 猪飼野少年愚連隊 奴らが哭くまえに
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は、『奴らが哭くまえに 猪飼野少年愚連隊』として、1993年に筑摩書房から単行本が、1998年に幻冬舎から幻冬舎アウトロー文庫が刊行されました。+α文庫収録に際し、改題のうえ、加筆・修正しました。

著者紹介

著:黄 民基(ファン ミンギ)

1948年、大阪市生野区に生まれる。ルポライターとして東欧報道、北朝鮮報道に携わってきた。著書に『唯今戦争始め候。明治十年のスクープ合戦』『「ならず者国家」はなぜ生き残ったのか』など、訳書には『軍部! 語られざる韓国の暗部』』『北朝鮮 その衝撃の実像』『国家安全企画部 韓国現代史の影の権力!』など多数ある。

オンライン書店で見る