野村克也人生語録

講談社+α文庫
ノムラカツヤジンセイゴロク
野村克也人生語録
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

監督通算1565勝1563敗──。

勝利の栄光の裏には、常に敗北がある。
24年間の監督生活で、たった2つの勝ち越し。
たがこの2勝にこそ、ノムライズムの真髄があった。

苦闘するすべてのビジネスパーソンに贈る、
ノムさんの数々の「名言」と「人生訓」。

目次

  • <数々の名言>
  • 「不器用は最後に器用に勝る」
  • 「才能のない者の武器は考えること」
  • 「人間の最大の罪とは何か。それは鈍感である」
  • 「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」
  • 「未熟者にスランプなどあるわけがない」
  • 「他人が下した評価こそ正しい」
  • 「進歩とは変わることである」
  • 「プロとはあたりまえのことをあたりまえにする者をいう」
  • 「組織はリーダーの力量以上には伸びない」
  • 「有形の力には限界がある。無形の力は無限である」
  • 「“もうダメだ”ではなく、“まだダメだ”」
  • 「失敗と書いて、せいちょう(成長)と読む」
  • 「財を遺すは下、仕事を遺すは中、人を遺すを上とする」

製品情報

製品名 野村克也人生語録
著者名 著:野村克也
発売日 2016年07月20日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-281682-3
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本作品は2013年5月、小社より刊行された『負けかたの極意』『ノムラの教え』を文庫収録にあたり、再編集したものです。

著者紹介

著:野村克也(ノムラカツヤ)

1935年、京都府生まれ。’54年に京都府立峰山高校を卒業後、南海ホークス(福岡ソフトバンクホークス)へテスト生として入団。3年目に正捕手に定着し、本塁打王のタイトルを獲得。’65年に戦後初の三冠王になったのをはじめ、MVP5回、首位打者1回、本塁打王9回、打点王7回、ベストナイン19回、ダイヤモンドグラブ賞1回などタイトルを多数獲得。’70年からは選手兼任監督。その後、ロッテオリオンズ、西武ライオンズに移籍し、’80年に45歳で現役を引退、評論家になる。’89年に野球殿堂入り。’90年にヤクルトスワローズ監督に就任し、4度のリーグ優勝、3度の日本一に導く。’99年から3年間、阪神タイガース、2002年から社会人のシダックス、’06年から東北楽天ゴールデンイーグルス監督を歴任。2010年に再び評論家になり、多方面で活躍。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV