メディアの怪人 徳間康快

講談社+α文庫
メディアノカイジントクマヤスヨシ
  • 電子あり
メディアの怪人 徳間康快
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

山口組・田岡組長を陰で支え、天才・宮崎駿を育て上げた夢の大プロデューサー、徳間康快。徳間書店を興し、『アサヒ芸能』編集長として部下を育て、難破船の『東京タイムズ』社長に就任、倒産寸前の『大映』の再建を請け負い、ダイアナ妃に出演交渉する。黒幕か?フィクサーか? それともメディアの怪人か? “濁々”併せ呑んだ傑物の見果てぬ夢を見よ!

目次

  • 第一章 読売新聞への愛憎
  • 後輩・渡邉恒雄と氏家齊一郎/『権力の陰謀』事件
  • 第二章 先輩にかわいがられる
  • 松本重治という先達/緒方竹虎との出会い
  • 第三章 頼まれ人生
  • 異色官僚との交友/念願の日刊紙『東京タイムズ』
  • 第四章 濁々併せ呑む
  • 大映に響く徳間ラッパ/つねに崖っぷちで生きる
  • 第五章 見果てぬ夢
  • ダイアナ妃に出演交渉/失敗こそ人生
  • 森村誠一氏との対談も収録

製品情報

製品名 メディアの怪人 徳間康快
著者名 著:佐高 信
発売日 2016年06月21日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-281675-5
判型 A6
ページ数 288ページ
電子版製品名 メディアの怪人 徳間康快
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は、2012年10月に金曜日より刊行された『飲水思源』を改題し、文庫化したものです。

著者紹介

著:佐高 信(サタカ マコト)

1945年、山形県酒田市生まれ。高校教師、経済雑誌の編集長を経て評論家に。経済評論にとどまらず、憲法、教育など現代日本について辛口の評論活動を続ける。『週刊金曜日』編集委員。著書に『人間が幸福になれない日本の会社』(平凡社)、『安倍晋三と岸信介と公明党の罪』(河出書房新社)、『安倍政権10の大罪』(毎日新聞社)、『自民党と創価学会』(集英社)、『新装版 逆命利君』(講談社)、共著に『偽りの保守・安倍晋三の正体』(講談社)など多数。

オンライン書店で見る