もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。

講談社+α文庫
モシボクガイマ25サイナラコンナ50ノヤリタイコトガアル
  • 電子あり
もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『暮しの手帖』編集長から、「クックパッド」の一社員に2015年春転身し、多くのファンを驚かせたエッセイストの松浦弥太郎さん。
彼がいま気になるのは、未来に大きな夢を持てない悩める若者たち。
彼らを否定したり、「人生の先輩が教えてあげる」といった「上から目線」ではなく、「もし、今自分ならこんなことをしてみたい」というアプローチで、この時代を仕事や生活について、どう生き、どう楽しみ、どう学び、どう考え、どう努力し、どう悩むか、を、松浦さんがこの時代を「もし僕がいま25歳だったら」という仮定でシミュレーションしていき、これからの生き方や仕事の仕方を指し示す、今までにない「生き方本」。
一緒に考えるスタンスで、若者のみならず、生き方や仕事に悩む人たちに大きなヒントを与える。
多くの人に読み継がれたロングセラー、待望の文庫化!

目次

  • まえがき
  • 01 社会の歯車になる
  • 02 “小さな成功”を、積み重ねる
  • 03 3ヵ月でリーダーになる
  • 04 “素振り”を怠らない
  • 05 失敗を成功に変える
  • 06 保証人にならない
  • 07 本は1冊
  • 08 4ステップを踏む
  • 09 なぜ? なに? なんだろう? を
  • 10 “好き”を、深掘りする
  • 11 少数意見を育てる
  • 12 なんでもベスト10
  • 13 一日1人新しい人と会う
  • 14 メモ帳をもち歩く、アイデアを書く
  • 15 「呼ばれる人」になる
  • 16 お礼上手、ほめ言葉上手
  • 17 「やりたくないことはなにか?」
  • 18 パス回しができる友だちを作る
  • 19 流行り言葉をつかわない
  • 20 小さな約束こそ守る
  • 21 決して争わない
  • 22 「異性関係」に注意
  • 23 トイレの活用
  • 24 身なりで人を判断しない
  • 25 「自分メディア」を発信する
  • 26 利益5パーセント
  • 27 博打から学ぶ
  • 28 人と群れない
  • 29 図々しくなる
  • 30 遠慮は無礼
  • 31 貪欲に本を読む
  • 32 まねをする
  • 33 風邪をひかない
  • 34 「会議」はチャンス
  • 35 味方を増やす
  • 36 つねに見直す優先順位
  • 37 ラクしてもうけない
  • 38 「スターバックスコーヒー」で、アルバイト
  • 39 「アップル」や「グーグル」よりも
  • 40 5年たったら自立する
  • 41 英語から逃げない
  • 42 低迷業界を狙う
  • 43 もし経営者だったら?
  • 44 自分のブランディング
  • 45 「むりです」「できません」は、口にしない
  • 46 トップのそばにいる
  • 47 新聞を2紙、読み比べる
  • 48 観察力を鍛える
  • 49 基本に忠実
  • 50 自分の価値はなにか?
  • 51 「日本人としての誇り」をもつ
  • あとがき
  • 文庫版あとがき

製品情報

製品名 もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。
著者名 著:松浦 弥太郎
発売日 2016年03月18日
価格 定価 : 本体560円(税別)
ISBN 978-4-06-281657-1
判型 A6
ページ数 224ページ
電子版製品名 もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は2013年11月に小社より刊行された『もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。』を文庫化したものです。

著者紹介

著:松浦 弥太郎(マツウラ ヤタロウ)

1965年、東京都生まれ。クックパッド(株)「くらしのきほん」編集長。文筆家。「COW BOOKS」代表。
18歳で渡米し、アメリカの書店文化に関心を持ち、帰国後、幅広い編集や執筆活動の傍ら書店を開業。
2006年から2015年3月まで、雑誌『暮しの手帖』編集長を務める。15年4月、クックパッド(株)に入社。
主な著書に『おいしいおにぎりが作れるならば。』(集英社文庫)、『今日もていねいに。』『さよならは小さい声で』(以上、PHP文庫)、『僕の好きな男のタイプ 58通りのパートナー選び』(講談社)など。

オンライン書店で見る