習慣の力 The Power of Habit

講談社+α文庫
シュウカンノチカラザパワーオブハビット
習慣の力 The Power of Habit
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「消臭剤のファブリーズはなぜ突然ヒット商品になったのか」「アルコール依存症はなぜ治せるようになったのか」「大手アルミメーカーのアルコアはなぜダメ会社から突如優良企業に変貌を遂げたのか」「スターバックスのスタッフを責任感の強いリーダーに育てるプログラムとは」。本書の著者によれば、これらはみな、「習慣」をうまく活用した成果であるという。
普段、私たちは自分の意志で行動を決めていると思っているが、実はそうではない。人間の全行動の4割は「習慣」、つまり脳で考えることなく、無意識に身体を動かしているのである。したがって、この習慣のメカニズムを知ることで「良い習慣」を増やし、「悪い習慣」を減らすことができれば、人生は知らず知らずのうちに好転していくのだ。
本書は「個人の習慣」「成功する企業の習慣」「社会の習慣」の3部で構成されている。第1部で「習慣の仕組み」について分析し、「習慣」が「きっかけ」「ルーチン」「報酬」の3つの要素から成り立っている点などについて詳細に分析している。
第2部、第3部では「習慣」を、企業や組織が上手に活用した実例をとりあげる。
巻末では、個人が「習慣」を変えるための方法についても具体例を挙げながら説明している。

目次

  • プロローグ
  • 第1部 個人の習慣
  • 第1章 「習慣」のメカニズム
  • 行動の4割を決めている仕組みの秘密
  • 第2章 習慣を生み出す「力」
  • ファブリーズが突然大ヒットした理由
  • 第3章 習慣を変えるための鉄則
  • アルコール依存症はなぜ治ったのか
  • 第2部 成功する企業の習慣
  • 第4章 アルコアの奇跡
  • 会社を復活させた、たった一つの習慣
  • 第5章 スタバと「成功の習慣」
  • 問題児をリーダーに変えるメソッド
  • 第6章 危機こそ好機
  • 停滞する組織をいかに変革させるか
  • 第7章 買わせる技術
  • ヒット商品を自在に生み出す秘策
  • 第3部 社会の習慣
  • 第8章 公民権運動の真相
  • 社会運動はどのようにして始まるのか
  • 第9章 習慣の功罪
  • ギャンブル依存は「意志」か「習慣」か
  • エピローグ
  • 付録 アイデアを実行に移すためのガイド

製品情報

製品名 習慣の力 The Power of Habit
著者名 著:チャールズ・デュヒッグ 訳:渡会 圭子
発売日 2016年02月19日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-281647-2
判型 A6
ページ数 480ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は、2013年4月に小社より刊行された『習慣の力 The Power of Habit』を文庫化したものです。

著者紹介

著:チャールズ・デュヒッグ(チャールズ・デュヒッグ)

チャールズ・デュヒッグ
「ニューヨーク・タイムズ」紙記者。1974年生まれ。イエール大学、ハーバード・ビジネス・スクール卒業。ビジネス関連の記事を中心に執筆。これまでジェラルド・ローブ賞、ジョージ・ポーク賞ほか、ジャーナリズム関係の受賞歴多数。テレビでは「ディス・アメリカン・ライフ」「NPR」「PBSニュースアワー」「フロントライン」など報道番組に出演。最近では講演活動も積極的に行なっている。妻と二人の子供とブルックリン在住。

訳:渡会 圭子(ワタライ ケイコ)

渡会圭子
翻訳家。上智大学文学部卒業。訳書にコリン・エラード『イマココ』、ガブリエル・ウォーカー『スノーボール・アース』『大気の海』(早川書房)、ラリー・ジョンソン『人体冷凍 不死販売財団の恐怖』(講談社)、レイ・ハーバート『思い違いの法則』(インターシフト)、トーマス・ヘイガー『大気を変える錬金術』(みすず書房)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV