誘蛾灯 二つの連続不審死事件

講談社+α文庫
ユウガトウフタツノレンゾクフシンシジケン
  • 電子あり
誘蛾灯 二つの連続不審死事件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

上田美由紀、35歳。小柄で肥満、鳥取のスナックのホステス。彼女の周りで6人の男が死んだ。この事件の背景には、木嶋佳苗事件とは別の深い闇がある。
――美由紀に騙されていたのは、あなただったかもしれない。

2009年秋、30代の太った女二人が、それぞれ男と関係を持ち、カネを貢がせ、死に追いやっていた――。木嶋佳苗事件との共通項の多さから、世間の話題を集めた鳥取連続不審死事件。筆者は鳥取に通い、上田美由紀と面会し、彼女に騙された男たちに取材を重ね、二つの事件は似て非なるものだと確信する。
鳥取の事件の背景にあったのは、日本の地方をじわじわと覆う闇――人が減り、町が廃れ、仕事を失い、生活が立ちゆかなくなった田舎で生まれる、弱者が弱者を食い物にする状況――だった。

木嶋佳苗が獄中ブログを始めるきっかけとなり、「私の事件を取材してくれていたら…と思い続けたジャーナリスト」と言わしめた一冊が、大幅加筆のうえ、文庫化!

2009年秋、当時35歳の木嶋佳苗の周囲で、複数の男性が不審死した事件が話題を集めていた。同時期、別の連続不審死事件が浮上する。現場は鳥取、主役は上田美由紀、スナックのホステスだった。
二つの事件には驚くほど共通点があった。主役はどちらも30代半ばの小柄な肥満体型の女で、亡くなった男たちと肉体関係を持ち、多額のカネを貢がせていた。美由紀に惚れ込んだ男たちのなかには、刑事や新聞記者もいた。
しかし、二つの事件の背景はまったく異なるものだった。佳苗が高級マンションに住み、外車を乗り回し、セレブ相手の料理教室に通い、婚活サイトを利用して男を物色していたのに対し、美由紀は過疎の進む鳥取で5人の子どもとボロ家に住み、場末のスナックでターゲットを探していたのだ。
筆者は、事件現場、スナックに通い、裁判を傍聴する。美由紀に惚れ、貢ぎ、騙された男たちをみつけ、話を聞く。そして、拘置所にいる美由紀とも面会を重ねる。
そうして、木嶋佳苗事件からは決して見えてこない、この事件の深層――地方の貧困との関係があらわになっていく。人が減り、町が廃れ、仕事を失い、生活が立ちゆかなくなる。そこで生まれる、弱者が弱者を食い物にする犯罪。それは、いまの日本社会に覆いかぶさろうとしている闇だ。

目次

  • 序章
  • 第1章 太ったホステス
  • 第2章 一人目の男
  • 第3章 二人目の男
  • 第4章 三人目の男
  • 第5章 県警の蹉跌、男たちの蹉跌
  • 第6章 なぜ溺れたのか
  • 第7章 ウソツキだけど可愛い女
  • 第8章 「真犯人」は誰なのか
  • 第9章 「真犯人」の証言
  • 第10章 美由紀との対話
  • 第11章 「みちづれ」
  • 第12章 ラブ・レター
  • 第13章 松江にて―美由紀との対話2
  • 第14章 男のウソと女のウソ
  • 終章 美由紀と佳苗―二つの連続不審死事件

製品情報

製品名 誘蛾灯 二つの連続不審死事件
著者名 著:青木 理
発売日 2016年01月21日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-281639-7
判型 A6
ページ数 496ページ
電子版製品名 誘蛾灯 二つの連続不審死事件
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は、2013年11月に小社より刊行された『誘蛾灯 鳥取連続不審死事件』を文庫化にあたり、加筆・修正したものです。

著者紹介

著:青木 理(アオキ オサム)

1966年、長野県生まれ。ジャーナリスト、ノンフィクションライター。慶應義塾大学卒業後、共同通信社に入社。警視庁公安担当、ソウル特派員などを務めた後、2006年に退社、フリーに。2000年に発表した『日本の公安警察』(講談社現代新書)は公安警察の内実を赤裸々に描き、ベストセラーとなった。主な著書に『絞首刑』(講談社文庫)、『トラオ 徳田虎雄 不随の病院王』(小学館文庫)、『増補版 国策捜査 暴走する特捜検察と餌食にされた人たち』(角川文庫)、、『青木理の抵抗の視線』『ルポ 国家権力』(ともにトランスビュー)、『抵抗の拠点から 朝日新聞「慰安婦報道」の核心』(講談社)など。テレビ、ラジオのコメンテーターとしても活動している。

オンライン書店で見る