角栄の「遺言」 「田中軍団」最後の秘書 朝賀昭

講談社+α文庫
カクエイノユイゴンタナカグンダンサイゴノヒショアサカアキラ
  • 電子あり
角栄の「遺言」 「田中軍団」最後の秘書 朝賀昭
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「オヤジの成功、失敗体験をひっくるめた、その生きざまを語ることに、この国難を打ち破るヒントが詰まっているのではないか。国家の舵取りが難しい時代に、少しでも世のため人のためにつながる政治が実現してほしい。それがオヤジの再評価にもなると信じたい」。
23年間、田中角栄の傍らにいて、その生涯にわたって「最後の秘書」の文字を背中に刻み続けてきた男が初めて語る、毀誉褒貶激しい「天才政治家」と、それを取り巻いた人々の実録。

目次

  • プロローグ
  • 第1章/オヤジとの出会い
  • 第2章/目白の面々 ~オヤジと秘書
  • 第3章/佐藤ママと娘
  • 第4章/列島改造前夜
  • 第5章/田中学校 ~小沢一郎代議士誕生
  • 第6章/ポスト佐藤をめぐって ~田中政権誕生前夜
  • 第7章/田中政権誕生 ~権力とカネ
  • 第8章/日中国交回復、列島改造
  • 第9章/政権崩壊前夜 ~オイルショック
  • 第10章/落日 ~金脈と越山会の女王
  • 第11章/ロッキード事件 ~まさかの逮捕
  • 第12章/「田中軍団」 四十日抗争
  • 第13章/オヤジ倒れる
  • エピローグ

製品情報

製品名 角栄の「遺言」 「田中軍団」最後の秘書 朝賀昭
著者名 著:中澤 雄大
発売日 2015年12月18日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-281636-6
判型 A6
ページ数 480ページ
電子版製品名 角栄の「遺言」 「田中軍団」最後の秘書 朝賀昭
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は、2013年12月に小社より刊行された『角栄のお庭番 朝賀昭』を、一部修正のうえ、改題し文庫化したものです。

著者紹介

著:中澤 雄大(ナカザワ ユウダイ)

朝賀昭(あさか・あきら)
昭和18年(1943)年、東京都港区生まれ。都立日比谷高時代に田中角栄の知己を得て、中央大法学部を卒業した昭和41年春に正式に秘書となる。経理担当の佐藤昭子氏を支え、「田中軍団」秘書会を統括。
現在は政治サロン「政経調査会」会長。細野豪志・元民主党幹事長の後援会幹事長も務める。趣味のゴルフの腕前はハンデ10(新沼津カントリークラブ)。

中澤雄大(なかざわ・ゆうだい)
昭和42(1967)年、新潟県長岡市生まれ。平成2(1990年)年、毎日新聞社入社。西部報道部などを経て、政治部で首相官邸、自民党、民主党、外務省などを担当。「戦後六〇年 天皇皇后両陛下 サイパン慰霊へ」などを特報。現在は学芸部で論壇、書評を担当。
共著に『〈3・11後〉忘却に抗して』(現代書館)、『にっぽん60年前』『閉山 三井三池124年』(以上、毎日新聞社)、『外交の真意、国民への説明責任 密約問題の取材を振り返って』(日本新聞協会)など。

オンライン書店で見る