モンスター 尼崎連続殺人事件の真実

講談社+α文庫
モンスターアマガサキレンゾクサツジンジケンノシンジツ
  • 電子あり
モンスター 尼崎連続殺人事件の真実
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

10人を超える死者・行方不明者を出し、我が国の犯罪史に残る尼崎連続殺人事件。留置場で自殺した主犯の角田美代子は、いかにしてありふれた5つの家庭に食らいつき、家族を互いに殺し合わせる冷酷な犯行に及ぶことになったのか。被害者たちはなぜ、暴力による支配から逃げ出さなかったのか。知られざる事件の真相に迫る、超一級のノンフィクション。
主犯・美代子のノートを明かす後日譚を加筆した文庫完全版!

目次

  • 序 章 怪 死
  • 第一章 荒 野
  • 第二章 肉 親
  • 第三章 降 臨
  • 第四章 蹂 躙
  • 第五章 淘 汰
  • 第六章 崩 壊
  • 最終章 真 相
  • 文庫版特別編 破り盗られた衝撃の「肉声ノート」

製品情報

製品名 モンスター 尼崎連続殺人事件の真実
著者名 著:一橋 文哉
発売日 2015年12月17日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-281634-2
判型 A6
ページ数 368ページ
電子版製品名 モンスター 尼崎連続殺人事件の真実
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本作品は2014年4月、小社より刊行された『モンスター 尼崎連続殺人事件の真実』を文庫収録にあたり、加筆したものです。

著者紹介

著:一橋 文哉(イチハシ フミヤ)

東京都生まれ。早稲田大学卒業後、全国紙・雑誌記者を経てフリージャーナリスト。本名など身元に関する個人情報はすべて未公開。1995年、月刊誌「新潮45」連載「ドキュメント『かい人21面相』の正体」(雑誌ジャーナリズム賞受賞)でデビュー。グリコ・森永事件、三億円強奪事件、宮崎勤事件、オウム真理教事件など殺人・未解決事件や、闇社会がからんだ経済犯罪をテーマにしたノンフィクション作品を次々と発表している。

オンライン書店で見る