裸でも生きる2 Keep Walking私は歩き続ける

講談社+α文庫
ハダカデモイキル2キープウォーキングワタシハアルキツヅケル
  • 電子あり
裸でも生きる2 Keep Walking私は歩き続ける
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本中を感動の渦に巻き込んだ感動のベストセラー『裸でも生きる』のシリーズ第二弾!
小学校で壮絶なイジメにあい、中学校で非行に走り、強くなりたいと男子だけの柔道部へ入部、そして偏差値40の高校から3ヵ月で慶應大学合格。インターンで訪れた国際機関で国際援助の矛盾を感じ、自ら現場を知って途上国の貧困を救おうと、単身バングラデシュに渡り起業。途上国発ブランド「マザーハウス」を立ち上げる。その軌跡は、多くの学生、若手社会人の心を動かし、「人生を見つめ直した」「夢へ一歩踏み出した」など、多くの声が寄せられた。
続編は日本初の直営店オープン当日からスタートする。順風満帆かと思いきや、たくさんのメディアに注目されて孤独を感じる日々、信じていた現地スタッフの裏切りなど、流した涙は人一倍、しかし決して歩みを止めず、前に進むことをあきらめなかった。
そして、次の挑戦は、美しいエベレストの麓でマオイストのテロに怯え、混迷する経済と戦い、ゴミ漁りをしてでも必死に生きようとする人たちがいる国、ネパールへ旅立つ。そして、地元の資源で世界に通用するブランドを作り上げるまでの、涙と感動のストーリー。
あきらめなければ「不可能は可能になる」ことを教えてくれる、勇気が湧く一冊です。
<タイトルの『裸でも生きる』とは……>
(プロローグより抜粋)「バングラデシュの人たちが自分に問いかけているような気がした。「君はなんでそんなに幸せな環境にいるのに、やりたいことをやらないんだ?」と。他人にどう言われようが、他人にどう見られ評価されようが、たとえ裸になってでも自分が信じた道を歩く。それが、バングラデシュのみんなが教えてくれたことに対する私なりの答えだった」
<山口絵理子さんへの番組出演や講演会後の感想です>
●100パーセントのエネルギーをすべて出しつくす、山口さんの生き方に感動しました。山口さんに、もっと早く出会っていれば、私の人生は大きく変わっていたかもしれません(29歳)
●ここまで著者の生き方に夢中になったのは、はじめてです(男性38歳)

目次

  • 第1章 情熱の先にあるもの
  • 第2章 バングラデシュ、試練をバネにして
  • 第3章 チームマザーハウスの仲間たち
  • 第4章 そして第2の国ネパールへ
  • 第5章 ネパール、絶望と再生の果てに

製品情報

製品名 裸でも生きる2 Keep Walking私は歩き続ける
著者名 著:山口 絵理子
発売日 2015年11月19日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-281633-5
判型 A6
ページ数 288ページ
電子版製品名 裸でも生きる2 Keep Walking私は歩き続ける
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本作品は2009年9月に小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:山口 絵理子(ヤマグチ エリコ)

1981年埼玉県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業、バングラデシュBRAC大学院開発学部修士課程修了。大学のインターン時代、ワイントンの国際機関で途上国援助の矛盾を感じ、アジア最貧国バングラデシュに渡り日本人初の大学院生になる。「必要なのは施しではなく先進国との対等な経済活動」という考えで23歳で起業を決意。「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念を掲げ、株式会社マザーハウスを設立。バングラデシュやネパールの自社工場でジュート(麻)やレザーのバッグ、ストールなどのデザイン・生産を行い、2015年現在、日本、台湾、香港で22店舗を展開している。また、新たにインドネシアで生産したジュエリー販売を開始。Young Global Leaders(YGL)2008選出。ハーバード・ビジネス・スクールクラブ・オブ・ジャパン アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2012受賞。毎日放送『情熱大陸』などに出演。著書に『裸でも生きる 25歳女性起業家の号泣戦記』『自分思考』(ともに講談社)。

関連シリーズ

オンライン書店で見る