警視庁捜査二課

講談社+α文庫
ケイシチョウソウサニカ
  • 電子あり
警視庁捜査二課
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

外務省報償費流用事件、岡光事件、農林水産省汚職をはじめ、霞が関や闇の怪紳士たちを震え上がらせた「捜査二課のエース」が、事件の備忘録を開示する!

目次

  • 第一章 泥棒刑事
  • 第二章 知能犯第二係「ナンバー知能」
  • 第三章 赤坂警察署汚職事件
  • 第四章 総会屋、企業ゴロとの対峙
  • 第五章 夜の銀座がつなぐ金と裏人脈
  • 第六章 農林水産省汚職
  • 第七章 外務省内閣官房報償費流用事件
  • 終 章

製品情報

製品名 警視庁捜査二課
著者名 著:萩生田勝
発売日 2015年10月20日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-281630-4
判型 A6
ページ数 352ページ
電子版製品名 警視庁捜査二課
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は、2008年12月に小社より刊行された『警視庁捜査二課』を文庫化にあたり再編集したものです。

著者紹介

著:萩生田勝(ハギウダマサル)

1949年、東京生まれ。68年、警視庁入庁。85年、警部補に昇進し、警視庁警視庁捜査二課捜査係長を務める。担当した事件は日本道路公団贈収賄事件、外務省内閣官房報償費詐欺事件など多数。2002年、警視昇任。玉川警察署、昭島警察署の刑事課長を歴任。05年に警視庁捜査二課立川分室管理官に就任。07年8月20日付で警視庁退職。著書には『刑事魂』(ちくま新書)などがある。

オンライン書店で見る