司法記者

講談社文庫
シホウキシャ
  • 電子あり
司法記者
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

県知事への献金に端を発したゼネコン汚職事件は、中央政界にも波及していた。
元国交相の収賄疑惑という大スクープの直後、掲載紙の美人記者が絞殺された。遺体が発見されたのはライバル紙記者の自宅。ともに司法記者クラブに詰める二人には面識があり、状況からも彼以外に犯行は不可能。しかし記者は殺人容疑を全面否認、何かを隠し沈黙する。

悲劇の裏に潜むのは、過激なスクープを求める記者の欲と、「正義」と銘打たれた特捜部の、横暴で杜撰な捜査だった。

記者の「秘密」を知っているのはたった一人の特捜検事だけ。正義にあこがれて目指した検察特捜部の実情に絶望した彼は、禁じられたマスコミとの接触を図っていたのだ。
殺人事件を知った彼は記者との潔白を証明するため、「日本最強の捜査機関」検察特捜部との対決を決意する。自身も所属するその機関への反逆は、検事人生を危険にさらすことを意味していた。

内部にいた人間しか書けない検察不祥事の根幹がここにある。
「ヤメ検」弁護士があえて「小説」として描いた、検察と司法メディアの正体。
佐々木讓氏絶賛の問題作、ついに文庫化&2014年5月よりWOWOWでドラマ化!

目次

  • 1 密室
  • 2 特捜検事
  • 3 警察捜査
  • 4 司法記者クラブ
  • 5 日本最強の捜査機関
  • 6 女性記者殺人事件捜査本部
  • 7 東京拘置所
  • 8 特捜検事失格
  • 9 政界ルート
  • 10 逮捕
  • 11 Xデー
  • 12 苦悩
  • 13 消えた証拠
  • 14 逮捕許諾請求
  • 15 着地点
  • エピローグ

製品情報

製品名 司法記者
著者名 著:由良 秀之
発売日 2014年04月15日
価格 定価 : 本体690円(税別)
ISBN 978-4-06-277794-0
判型 A6
ページ数 352ページ
電子版製品名 司法記者
シリーズ 講談社文庫
初出 2011年10月、小社より単行本として刊行された。

著者紹介

著:由良 秀之(ユラ ヒデユキ)

1977年東京大学卒業、民間会社勤務を経て、1983年検事任官。
東京地検特捜部、法務省法務総合研究所等に勤務。
2006年に退官、弁護士登録、東京都内で法律事務所開設。
大学教授として研究・教育にも従事。

オンライン書店で見る