コロボックル物語5 小さな国のつづきの話

講談社文庫
コロボックルモノガタリ5チイサナクニノツヅキノハナシ
コロボックル物語5 小さな国のつづきの話
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

――「心から」信じられるものがありますか?――
信じられるものがあると、人は、強くなれる。

「コロボックル物語は、お守りであり、なぐさめであり、道しるべだった」――<佐藤多佳子「解説」より>

図書館に勤める杉岡正子は、日本に伝わる小人・コロボックルのことを描いた本『だれも知らない小さな国』に出会う。そして、“私が見たのはコロボックルかも”と著者に手紙を書いた。正子とコロボックルの関係は、驚くべき新しい出会いにつながる。心洗われるコロボックルワールド完結篇。解説・佐藤多佳子

製品情報

製品名 コロボックル物語5 小さな国のつづきの話
著者名 作:佐藤 さとる 絵:村上 勉
発売日 2011年11月15日
価格 定価 : 本体560円(税別)
ISBN 978-4-06-277087-3
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1983年に小社より刊行された。本書は単行本と1991年に刊行された青い鳥文庫をもとに文庫化したもの。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV