隠密 奥右筆秘帳

講談社文庫
オンミツオクユウヒツヒチョウ
  • 電子あり
隠密 奥右筆秘帳
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

幕政の実力者松平定信を敵に回した併右衛門は、将軍謀殺をはかる黒幕に迫れるか?
無類の面白さ!
第一位シリーズ、白熱の第七作!
「この文庫書き下ろし時代小説がすごい!」(宝島社刊)第一位

製品情報

製品名 隠密 奥右筆秘帳
著者名 著:上田秀人
発売日 2010年12月15日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-276831-3
判型 A6
ページ数 336ページ
電子版製品名 隠密 奥右筆秘帳(七)
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:上田秀人(ウエダヒデト)

1959年大阪府生まれ。大阪歯科大学卒。'97年小説CLUB新人賞佳作。時代小説を中心に活躍。歴史知識に裏打ちされた骨太の作風で注目を集める。
著作に「三田村元八郎」「織江緋之介見参」「お髷番承り候」(徳間文庫)、「勘定吟味役異聞」「御広敷用人大奥記録」(光文社文庫)、「闕所物奉行裏帳合」(中公文庫)、「妾屋昼兵衛女帳合」などのシリーズがある。また『孤闘 立花宗茂』(中央公論新社)で第16回中山義秀賞を受賞、講談社創業100周年記念書き下ろし『天主信長』も大胆な解釈で評判に。講談社文庫では「奥右筆秘帳」が抜群の読み応えと好評を博し、「この文庫書き下ろし時代小説がすごい!」(宝島社)のベストシリーズ第一位に輝く。
府下で歯科医院を開業する歯科医でもある。

オンライン書店で見る