クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識

講談社文庫
クビシメロマンチストニンゲンシッカクゼロサキヒトシキ
  • 電子あり
クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

戯言遣いと殺人鬼の邂逅――「戯言シリーズ」
屈指の人気作!

人を愛することは容易いが、人を愛し続けることは難しい。人を殺すことは容易くとも、人を殺し続けることが難しいように。生来の性質としか言えないだろう、どのような状況であれ真実から目を逸らすことができず、ついに欺瞞なる概念を知ることなくこの歳まで生きてきてしまった誠実な正直者、つまりこのぼくは、5月、零崎人識という名前の殺人鬼と遭遇することになった。それは唐突な出会いであり、また必然的な出会いでもあった。そいつは刃物のような意志であり、刃物のような力学であり、そして刃物のような戯言だった。その一方で、ぼくは大学のクラスメイトとちょっとした交流をすることになるのだが、まあそれについてはなんというのだろう、どこから話していいものかわからない。ほら、やっぱり、人として嘘をつくわけにはいかないし――戯言シリーズ第2弾

目次

  • 第一章 斑裂きの鏡(紫の鏡)
  • 第二章 遊夜の宴(友夜の縁)
  • 第三章 察人期(殺人鬼)
  • 第四章 赤い暴力(破戒応力)
  • 第五章 酷薄(黒白)
  • 第六章 異常終了(以上、終了)
  • 第七章 死に沈む(シニシズム)
  • 第八章 審理(心裡)
  • 終 章 終われない世界

製品情報

製品名 クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識
著者名 著:西尾維新
発売日 2008年06月13日
価格 定価 : 本体830円(税別)
ISBN 978-4-06-276077-5
判型 A6
ページ数 576ページ
電子版製品名 クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2002年5月、講談社ノベルスとして刊行。

オンライン書店で見る