空を見上げる古い歌を口ずさむ

講談社文庫
ソラヲミアゲルフルイウタヲクチズサム
  • 電子あり
空を見上げる古い歌を口ずさむ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

20年前、兄が言ったんだ
「誰かが<のっぺらぼう>を見るようになったら呼んでほしい――」

みんなの顔が〈のっぺらぼう〉に見える――。息子がそう言ったとき、僕は20年前に姿を消した兄に連絡を取った。家族みんなで暮らした懐かしいパルプ町。桜咲く〈サクラバ〉や六角交番、タンカス山など、あの町で起こった不思議な事件の真相を兄が語り始める。懐かしさがこみ上げるメフィスト賞受賞作!

製品情報

製品名 空を見上げる古い歌を口ずさむ
著者名 著:小路 幸也
発売日 2007年05月15日
価格 定価 : 本体640円(税別)
ISBN 978-4-06-275736-2
判型 A6
ページ数 320ページ
電子版製品名 空を見上げる古い歌を口ずさむ
シリーズ 講談社文庫
初出 2003年4月、小社から単行本として刊行。

オンライン書店で見る