総門谷R 白骨篇

講談社文庫
ソウモンダニアールハッコツヘン
  • 電子あり
総門谷R 白骨篇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

失魂の仲間と殺し合う超伝奇シリーズ哀切の新展開。無残に踏み殺された聆雲(りょううん)の仇を討つべく、総門谷のある早池峰山(はやちねさん)に向かった和気諒(わけのあきら)たち。そこで出会ったのは、冥界の王によって肉体のみを甦らせられた聆雲だった。魂を失い魔童児となった仲間が、白骨女となった怨魔シバとともに諒たちを襲う。ベストセラー作家が放つ伝奇SFの傑作シリーズ、哀切の第4幕。(講談社文庫)

製品情報

製品名 総門谷R 白骨篇
著者名 著:高橋 克彦
発売日 2005年11月15日
価格 定価 : 本体695円(税別)
ISBN 978-4-06-275244-2
判型 A6
ページ数 448ページ
電子版製品名 総門谷R 白骨篇
シリーズ 講談社文庫
初出 2002年11月に小社より単行本として、2004年11月にノベルスとして刊行。

オンライン書店で見る