警視の予感

講談社文庫
ケイシノヨカン
警視の予感
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

不可思議な力が警視を誘う。妖しい町の罠に危機一髪!

巡査部長ジェマは警部補をめざし、恋人キンケイドとの関係を解消することを覚悟した。ふたりで捜査するのも、これが最後になるのか!?
ついにコンビ解消!?人気シリーズ第7作

英国の古い町、グラストンベリは人間に奇妙な力を及ぼす。建築士のジャックは無意識のうちに、自分でも不可解なラテン語を綴る自動書記の状態になり、また周囲では謎を孕む事件が起こっていた。キンケイドは従弟である彼を救うべく、ジェマとともに当地へ赴く。その時ジェマは、胸にある決意を秘めていた。

製品情報

製品名 警視の予感
著者名 著:デボラ・クロンビ- 訳:西田 佳子
発売日 2003年11月14日
価格 定価 : 本体819円(税別)
ISBN 978-4-06-273884-2
判型 A6
ページ数 576ページ
シリーズ 講談社文庫