超高齢社会だから急成長する日本経済 2030年にGDP700兆円のニッポン

講談社+α新書
チョウコウレイシャカイダカラキュウセイチョウスルニホンケイザイニセンサンジュウネンニジーディーピーナナヒャクチョウエンノニッポン
  • 電子あり
超高齢社会だから急成長する日本経済 2030年にGDP700兆円のニッポン
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2030年に3割が65歳以上になる日本――その社会には一体、どんな変化が起こるのか?
 実はそのとき、2000兆円にもなる個人金融資産の6割、1200兆円は、高齢者が所有する。こうした現代の「ネオ高齢者」たちは、一点豪華主義に走ったり、世界遺産を巡ったり、あるいはグルメにも積極的。1200兆円を墓場まで持っていこうなどという気は、さらさらなし。
 新しい高齢者の消費が、日本経済を爆発させる! それに気づいた企業も、続々と、「ネオ高齢者」向け商品を発売している! 高齢化社会は、じつは明るい!

目次

  • 第1章 2030年――日本の高齢者の生き方
  • 第2章 ネオ高齢者の消費行動
  • 第3章 相続は50兆円、利子所得は10兆円
  • 第4章 ネオ高齢者が変える日本経済

製品情報

製品名 超高齢社会だから急成長する日本経済 2030年にGDP700兆円のニッポン
著者名 著:鈴木将之
発売日 2017年05月18日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-272991-8
判型 新書
ページ数 208ページ
電子版製品名 超高齢社会だから急成長する日本経済 2030年にGDP700兆円のニッポン
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:鈴木将之(スズキマサユキ)

鈴木将之(すずき・まさゆき)

 1980年、千葉県に生まれる。EY総合研究所シニアエコノミスト。 2003年、慶應義塾大学商学部卒業。2005年、慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了。2008年、慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程単位取得退学、同年、第一生命経済研究所入所。2014年から現職。
 専門分野は、マクロ経済・金融・産業構造の分析。
 著書に、『2060年の日本産業論』 (東洋経済新報社)がある。

オンライン書店で見る