日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活

講談社+α新書
ニホンハツロボットエーアイノウギョウノスゴイミライニセンニジュウネンニゲキヘンスルコクドジーディーピーセイカツ
  • 電子あり
日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 自民党農林水産部会長の小泉進次郎氏は語る。
 「夜間に人工知能が搭載された収穫ロボットが働いて、朝になると収穫された農作物が積み上がっている未来がある」と――。
 21世紀の農業はAIやビッグデータやIoT、そしてロボットを活用したハイテク産業、すなわち日本の得意分野だ。その途轍もないパワーは、地方都市を変貌させて国土全体を豊かにし、自動車産業以上のGDPを稼ぎ出し、日本人の美味しい生活を進化させる。
 大好評『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』に続く第2弾!

目次

  • 第1章 日本はIoT農業大国
  • 第2章 スマホとロボットで世界一の米作り
  • 第3章 大変革する食生活と国土
  • 第4章 黄金の農業ビッグデータ
  • 第5章 メイド・バイ・ジャパニーズで世界に

製品情報

製品名 日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活
著者名 著:窪田 新之助
発売日 2017年02月20日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-272979-6
判型 新書
ページ数 208ページ
電子版製品名 日本発「ロボットAI農業」の凄い未来 2020年に激変する国土・GDP・生活
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:窪田 新之助(クボタ シンノスケ)

窪田新之助(くぼた・しんのすけ)

 1978年、福岡県に生まれる。2004年に明治大学文学部を大学卒業後、日本農業新聞に入社。以後、記者として8年間、年間100日ほどを国内外の取材にあて、農業政策、農業ビジネス、農村社会の現場をレポートする。2012年に退社し、フリーランスとして食と農の取材を続ける。2014年、アメリカ国務省の「インターナショナル・ビジター・リーダーシップ・プログラム」に招待され、アメリカの農業の現場を視察。
 著書には、『GDP4%の日本農業は自動車産業を超える』(講談社+α新書)、『本当は明るいコメ農業の未来』(イカロス出版)がある。

オンライン書店で見る