面積あたりGDP世界1位のニッポン 地震と火山が作る日本列島の実力

講談社+α新書
メンセキアタリジーディーピーセカイイチイノニッポンジシントカザンガツクルニホンレットウノジツリョク
  • 電子あり
面積あたりGDP世界1位のニッポン 地震と火山が作る日本列島の実力
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 GDP世界トップ10に見る「面積あたりGDP」順位――1位:日本、2位:イギリス、3位:ドイツ、4位:イタリア、5位:フランス、6位:アメリカ、7位:中国、8位:インド、9位:ブラジル、10位:カナダ。
 日本はM6以上の地震の約20%が集中するといわれる地震列島にあるが、実は、それゆえに大きな恩恵を享受している!
 エネルギー、鉱物資源、水、温泉、地熱、海底資源、豊かな土壌など、日本列島を「面積あたりGDP世界1位」にしている要因を徹底研究。そして実はシンプルな地震予知を解説し、日本に住む我々の幸せを再確認する!

目次

  • 序 章 熊本地震に遭って分かったこと
  • 第1章 活断層が作る豊かな水資源
  • 第2章 火山が生む世界一の温泉群
  • 第3章 噴火がもたらす豊かな土壌
  • 第4章 地熱エネルギーは世界3位
  • 第5章 鉱物資源は地震と火山のコラボ
  • 第6章 活断層型地震はシンプル
  • 第7章 予測可能だった熊本地震

製品情報

製品名 面積あたりGDP世界1位のニッポン 地震と火山が作る日本列島の実力
著者名 著:横瀬 久芳
発売日 2016年12月21日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-272969-7
判型 新書
ページ数 240ページ
電子版製品名 面積あたりGDP世界1位のニッポン 地震と火山が作る日本列島の実力
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:横瀬 久芳(ヨコセ ヒサヨシ)

横瀬久芳(よこせ・ひさよし)

 1960年、新潟県に生まれる。熊本大学准教授。1984年、新潟大学理学部地質鉱物学科卒業。1986年、新潟大学大学院理学研究科修了。1990年、岡山大学で博士号を取得。欧米には確固として存在する「海洋学」の必要性を説き、日本国内でこの分野を初めて開拓。地球のプレートが沈み込む場所、すなわち日本列島周辺の海底鉱物資源の可能性を研究する。2011年、奄美大島沖の海底火山からレアメタルに富む鉱石を発見。2013年秋には、トカラ列島における海洋調査が「NHKスペシャル」で特集される。熊本大学で主宰する「はじめて学ぶ海洋学」は、入学者の実に40%強が受講するマンモス講義となる。
 著書には、『はじめて学ぶ海洋学』(朝倉書店)、『ジパングの海』(講談社+α新書)がある。

オンライン書店で見る