「ハラ・ハラ社員」が会社を潰す

講談社+α新書
ハラハラシャインガカイシャヲツブス
  • 電子あり
「ハラ・ハラ社員」が会社を潰す
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「パワハラ」「セクハラ」「モラハラ」「マタハラ」「オワハラ」……。どんどん増えていくハラスメント。
なんでもかんでも「ハラスメントだ!」と騒ぐ社員、それを恐れて部下を叱れない上司、そしてコンプライアンスの名の下に、過剰反応する人事部。
これ以上、職場を窮屈にするのはやめにしないか?
経験豊富な社労士が、病める会社を救うため、本音で警告する。

目次

  • ・誰も得しない「ハラ・ハラ」問題
  • ・「子どもさんは元気?」でアウト
  • ・要求だけは一人前
  • ・「カラハラ」って、なんですか
  • ・過剰反応の連鎖
  • ・「ありのまま」社員の登場
  • ・部下を叱れない上司
  • ・ハラ・ハラ被害は「痴漢冤罪」と一緒
  • ・上司よ、理不尽だっていいじゃないか

製品情報

製品名 「ハラ・ハラ社員」が会社を潰す
著者名 著:野崎 大輔
発売日 2016年06月21日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-272950-5
判型 新書
ページ数 192ページ
電子版製品名 「ハラ・ハラ社員」が会社を潰す
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:野崎 大輔(ノザキ ダイスケ)

"1976年、神奈川県生まれ。特定社会保険労務士。日本労働教育総合研究所代表。中小企業の人事労務分野における紛争予防解決コンサルタントとして活躍。
法律知識ゼロの無職から、独学で社労士試験に合格した後に、東証一部上場企業の人事部に勤務。その経験を活かし、机上の法律論ではなく、企業の実情に合った具体策を提示して、労使紛争の解決と予防に取り組んでいる。
主な著書に『できるコツ 凡人ができるヤツと思い込まれる50の行動戦略』(講談社)、『黒い社労士と白い心理士が教える問題社員50の対処術』(共著、小学館集英社プロダクション)など"

オンライン書店で見る