日本人なら知っておくべき「日本人」の名前

講談社+α新書
ニホンジンナラシッテオクベキニホンジンノナマエ
  • 電子あり
日本人なら知っておくべき「日本人」の名前
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

第二次世界大戦中のリトアニアで、外務省の命令に背いて大量の日本通過ビザを発給し、6000人ものユダヤ人をホロコーストから救った外交官・杉原千畝(すぎはら・ちうね)。「日本のシンドラー」として世界から称賛される杉原の業績は、このたび世界記憶遺産への登録申請がなされたばかり。差別を排し、良心に生きた杉原の姿に象徴される、日本人の美徳、誇りとは何か? 欧州生活の長かった著者による、新たなる「日本人論」!

製品情報

製品名 日本人なら知っておくべき「日本人」の名前
著者名 著:デュラン・れい子
発売日 2016年05月19日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-272941-3
判型 新書
ページ数 192ページ
電子版製品名 日本人なら知っておくべき「日本人」の名前
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:デュラン・れい子(デュラン レイコ)

1942年、東京都生まれ。文化学院美術科卒業。博報堂でコピーライターとして活躍。76年、スウェーデン人と結婚、スウェーデン、オランダ、ブラジルに住む。77年、「英国国際版画ビエンナーレ」で銅賞受賞。ヨーロッパ各地で個展、グループ展開催。欧米アーティストの日本への紹介にも携わる。2000年、南仏プロバンスに移住し執筆活動を開始。初の著書『一度も植民地になったことがない日本』(講談社+α新書)が20万部を超えるベストセラーに。14年、母の介護のため帰国。その傍ら岐阜県高山市主催の生涯学習講座で中学・高校生の「杉原千畝プロジェクト」を指導している。日本ペンクラブ会員。

オンライン書店で見る