OTAKUエリート 2020年にはアキバカルチャーが世界のビジネス常識になる

講談社+α新書
オタクエリートニセンニジュウネンニハアキバカルチャーガセカイノビジネスジョウシキニナル
  • 電子あり
OTAKUエリート 2020年にはアキバカルチャーが世界のビジネス常識になる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

世界を動かす日本発のネットミーム
オックスフォード卒の筋金入りオタクが描く、まったく新しい「日本文化最強論」

 オックスフォードにもいたアキバカルチャーのファンたちは、2020年前後から社会の第一線に立つ年齢になる。キャリアを積み、影響力をつけ、グローバルエリートとなる者も現れるだろう。超知日派「OTAKUエリート」の誕生だ。
 実は、「OTAKUエリート」はすでに現れ始めている。2014年、バーチャルリアリティー機器を開発するシリコンバレーのベンチャー企業の創業者が「アキバカルチャーはバーチャルリアリティー技術の普及に重要だ」と公言し、日本に特別優先出荷するという出来事があった。また、アキバカルチャーを入り口に来日し、そのまま国内で起業する外国人もいる。(「はじめに」より抜粋)

主な内容
●世界で続出するアキバエリート
●オックスフォードと秋葉原
●みんなでニコカラやらないか
●サイバーカルチャーの歴史
●国境なき「ネットミーム」
●2ちゃんねるからアラブの春へ
●アニメとゲームの日本語講座
●アキバカルチャーが必須教養に
●世界の「おまいら」と付き合い方
●「萌え」の国に世界が寄せる期待

製品情報

製品名 OTAKUエリート 2020年にはアキバカルチャーが世界のビジネス常識になる
著者名 著:羽生 雄毅
発売日 2016年01月20日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-272921-5
判型 新書
ページ数 216ページ
電子版製品名 OTAKUエリート 2020年にはアキバカルチャーが世界のビジネス常識になる
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:羽生 雄毅(ハニュウ ユウキ)

はにゅう・ゆうき―1985年生まれ。2006年オックスフォード大学化学科卒業。2010年、同学博士過程修了。東北大学と東芝研究開発センターを経て、2015年、インテグリカルチャー(株)を設立。日本初の人工培養肉プロジェクト「Shojinmeat Project」を立ち上げる。その一方でオックスフォード在学中から2ちゃんねるやニコニコ動画のヘビーユーザーであり、帰国後もコミックマーケットなど同人誌即売会にサークル参加したり、オフ会でのオタ芸や踊りに励んだりするなど、「オタク活動」も精力的に行っている。

オンライン書店で見る