「察しのいい人」と言われる人は、みんな「傾聴力」をもっている

講談社+α新書
サッシノイイヒトトイワレルヒトハミンナケイチョウリョクヲモッテイル
  • 電子あり
「察しのいい人」と言われる人は、みんな「傾聴力」をもっている
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

オフィスで、取引先で、家で、近所のコミュニティーで。何より求められるのは、
1・相手の感情をしっかり受けとめて、言葉の裏の真意を察する「徹底した感情移入の力」。
2・自分の感情に振り回されずに相手に関心を向ける「感情コントロールの力」。
3・相手の話の中から必要なことを聞き分けて、問題を解決する質問力。すなわち
「聞き分けて訊く力」。
である。だれもができる簡単な方法で、「あいつは俺をわかってくれる」と上司やクライアントから信頼され、しかも聞きながら自分の意志を通すことができ、仕事能力もアップさせられる、実用コミュニケーション術を、政治家の発言のウソを表情や話し方で瞬時に見抜く、「人間嘘発見器」と評判の著者が提唱する。

●第1章 なぜ日本人に傾聴力が必要なのか?
面子、自尊心、プライドは自己表現をどうゆがめるか/ なぜ日本人は「討論」より「ケンカ」になってしまうのか/ 肩書き信仰と固定概念が邪魔をする/質問を非難と思いこむ習慣/聞く、訊く、話すの理想的ステップ

●第2章 感情を聞く力がビジネスをリードする!
本当の感情は言葉に出ない/ 妬ましい相手への対処法/ネガティブな非言語表現を見抜く/感情移入して聞いているか/ 田中角栄が泣いた森光子さんの「感情移入力」

●第3章 仕事に効く「感情コントロールして聞く力」
「無条件の関心」が何より大切/ 謙虚になる/ 先入観を一度捨てる/ 集中して聞く/ また聞きやウンチクにふりまわされない

●第4章 聞いて訊く生産的質問技法
黙って聞くのは無能のサイン/ 小泉進次郎の「ブリッジング技法」/ 感嘆しながらさらに聞き出す!/ 「かぶせ質問」をしない / 意見も質問も浮かばないときは?/一番上司に信頼される質問とは?/ クレームを好意に変える聞き方と訊き方/ 上手に「NO」と言う「Yes, and」の答え方/ 質問を完結にする技術/あえて聞き流す知恵も必要

●第5章 より生産的に話す技術
初対面でうまくやる自己開示法/「わからない」も誠意ある答/相手の言葉を言い換える/問題の否定を人格否定にしない

目次

  • ●第1章 なぜ日本人に傾聴力が必要なのか?
  • 面子、自尊心、プライドは自己表現をどうゆがめるか/ なぜ日本人は「討論」より「ケンカ」になってしまうのか/ 肩書き信仰と固定概念が邪魔をする/質問を非難と思いこむ習慣/聞く、訊く、話すの理想的ステップ
  • ●第2章 感情を聞く力がビジネスをリードする!
  • 本当の感情は言葉に出ない/ 妬ましい相手への対処法/ネガティブな非言語表現を見抜く/感情移入して聞いているか/ 田中角栄が泣いた森光子さんの「感情移入力」
  • ●第3章 仕事に効く「感情コントロールして聞く力」
  • 「無条件の関心」が何より大切/ 謙虚になる/ 先入観を一度捨てる/ 集中して聞く/ また聞きやウンチクにふりまわされない
  • ●第4章 聞いて訊く生産的質問技法
  • 黙って聞くのは無能のサイン/ 小泉進次郎の「ブリッジング技法」/ 感嘆しながらさらに聞き出す!/ 「かぶせ質問」をしない / 意見も質問も浮かばないときは?/一番上司に信頼される質問とは?/ クレームを好意に変える聞き方と訊き方/ 上手に「NO」と言う「Yes, and」の答え方/ 質問を完結にする技術/あえて聞き流す知恵も必要
  • ●第5章 より生産的に話す技術
  • 初対面でうまくやる自己開示法/「わからない」も誠意ある答/相手の言葉を言い換える/問題の否定を人格否定にしない

製品情報

製品名 「察しのいい人」と言われる人は、みんな「傾聴力」をもっている
著者名 著:佐藤 綾子
発売日 2013年04月22日
価格 定価 : 本体838円(税別)
ISBN 978-4-06-272801-0
判型 新書
ページ数 192ページ
電子版製品名 「察しのいい人」と言われる人は、みんな「傾聴力」をもっている
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:佐藤 綾子(サトウ アヤコ)

博士(パフォーマンス心理学)、日本大学芸術学部教授、(社)パフォーマンス教育協会(国際パフォーマンス学会)理事長、(株)国際パフォーマンス研究所代表、「佐藤綾子のパフォーマンス学講座○R」主宰。
長野県生まれ。信州大学教育学部、上智大学大学院文学研究科(MA取得)、ニューヨーク大学大学院パフォーマンス研究学科修士課程卒業 (MA取得)。自己表現を科学する「パフォーマンス学」(自己表現教育)の第一人者として、首相・国会議員・知事・市長から、名だたるトップリーダー、自己表現に悩む若手ビジネスパーソンまで、スピーチやプレゼンの指導に情熱を注ぐ。
好感度抜群の第一印象形成や相手を読み取るスキルの向上など、科学的エビデンスに基づいた、ビジネスと人間関係づくりのための「佐藤綾子のパフォーマンス学講座○R」(SPIS)を主宰。19年間で3200人の卒業生を送り出し、高い評価を得た。長年の自己表現教育の功績により、社会教育功労者賞受賞。
テレビ出演・新聞取材・雑誌連載(9誌)など多岐メディアにて活躍中。医療・政治・ビジネス・教育、各分野におけるパフォーマンス心理学の著書 全173冊。

オンライン書店で見る