お江戸日本は世界最高のワンダーランド

講談社+α新書
オエドニホンハセカイサイコウノワンダーランド
  • 電子あり
お江戸日本は世界最高のワンダーランド
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 江戸の伝統が生きている日本は、少子高齢化も怖くない!ほかの先進国とは違って、老人、女子どもの消費の活性化がカギになるような社会になっていくが、それはすべて江戸時代に経験済み。あの時代に大衆文化が爛熟し、その後、ヨーロッパに大きな影響を与えたように、現代日本も「クール・ジャパン」どこから、世界のありようを変える働きをする可能性が高い──。
 独自の視点で人気の経済評論家である著者は、そのように言い切ります。近代絵画に影響を与えた浮世絵。世界発の先物取引所である、大阪の大阪堂島米会所。少子高齢化、低成長、鎖国でも豊かなくらし。維新、太平洋戦争の敗戦ですべてが否定されてしまいましたが、じつは、ある意味、江戸の日本は世界の先端を行った国家でした。そして、現代日本がおかれたものと同じような状況下にありました。
 江戸を見れば、これからの未来に進むべき道が見えてくる。楽しく読めて勇気が出る1冊です。

目次

  • 第1章 人生いろいろ──世界最大都市を築いた江戸の武士と町人
  • 第2章 高齢化社会最先端──世界一健康な食生活を育てた和食の底力
  • 第3章 暴走老人だってちゃんといた──突っ張りの手なずけ方
  • 第4章 殿様稼業は楽じゃない──「人柄主義人事」の威力
  • 第5章 モノはみみっちく、人間関係は太っ腹──旅と講で経済活性化

製品情報

製品名 お江戸日本は世界最高のワンダーランド
著者名 著:増田 悦佐
発売日 2013年02月21日
価格 定価 : 本体838円(税別)
ISBN 978-4-06-272791-4
判型 新書
ページ数 192ページ
電子版製品名 お江戸日本は世界最高のワンダーランド
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:増田 悦佐(マスダ エツスケ)

東京都生まれ。1973年、一橋大学経済学部卒業。同大学大学院経済学研究科博士後期課程進学。1975年、ジョンズ・ホプキンス大学修士号取得。1981年、ジョンズ・ホプキンス大学大学院経済学部・歴史学部博士課程単位取得。ニューヨーク州立大学バッファロー校助教授を経て、HSBC証券、JPモルガン株式調査部等でアナリスト(不動産、建設、住宅業界担当)、2010年よりジパングにてシニア・アナリストとして活躍。歴史観と文明観をベースに、あまたのデータを解析した経済予測、舌鋒鋭い評論に魅せられるファンが急増している。
著書には『それでも「日本は死なない」これだけの理由』(講談社)ほか多数。

オンライン書店で見る