YA! アンソロジー 14歳

YA! ENTERTAINMENT
ワイエーアンソロジージュウヨンサイ
  • 電子あり
YA! アンソロジー 14歳
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

14歳の制服のポケットには、たくさんの秘密が詰まってる。大人の世界の足音を聞く14歳の、もどかしい気持ちを描いたアンソロジー!

小林深雪/『さよなら十四歳の夏~夏葉と春人』
……『YA!アンソロジー 秘密』「エアトモ」に登場した区立四葉中学校二年三組の岩崎夏葉が主人公。今でこそ、学級委員長として輝いている夏葉だけれど、小学校までは地味で、目立たない女の子だった。勉強もおしゃれも人づきあいも必死に努力して、せっかく中学生デビューをはたしたのに、いちばんふり返ってほしい山下春人は、地味なままの久保田千湖のことばかり気にしているみたい。どうして? 千湖に嫉妬して、千湖を遠ざけてしまう夏葉。人は優しい気持ちと同時にこんな意地悪な気持ちを抱いてしまうんだろう。夏葉の恋と友情を描く、十四歳の夏物語。

みうらかれん/『しのぶ恋』
親友でありライバルの大野に、いろんな勝負を挑み続け、二勝四十九敗二引き分けのニンは、新たに百人一首の勝負を持ちかける。そこに、思いがけない助っ人が現れて……。

安田夏菜/『つくし薬局のカレーパン』
女子校の花壇から出てきた恋文。それはある女生徒から女生徒への思いを綴ったものだった。それを発見してしまった花音は、自分の秘めていた思いにまで気づいてしまう。

如月かずさ/
教育熱心な親に育てられ、夏休みも塾通いをしている奏太は、ひとけのない公園でボールジャグリングの練習をする瀬那と出会う。そして、彼女の華麗なジャグリングの技と、自由そうな彼女に惹かれていく。

市川朔久子/
同じ日に同じ学校の転校生となった彼に惹かれていくわたし。光が差すと、濃い蜂蜜のような茶褐色になる彼の瞳の秘密を知りたいと思うわたしは、不器用なやりかたで彼に近づこうとする。

製品情報

製品名 YA! アンソロジー 14歳
著者名 著:小林深雪 著:みうらかれん 著:安田夏菜 著:如月かずさ 著:市川朔久子
発売日 2016年11月15日
価格 定価 : 本体950円(税別)
ISBN 978-4-06-269507-7
判型 四六
ページ数 224ページ
電子版製品名 YA! アンソロジー 14歳
シリーズ YA! ENTERTAINMENT

著者紹介

著:小林深雪(コバヤシミユキ)

小林深雪(こばやしみゆき)…青い鳥文庫、YA! ENTERTAINMENTで大人気の、「泣いちゃいそうだよ」シリーズを手がける。漫画原作も多数手がけ、『キッチンのお姫さま』(なかよし)で、第30回講談社漫画賞を受賞。14歳のころの自分は、「読書大好き!」でした。

著:みうらかれん(ミウラカレン)

みうらかれん…『夜明けの落語』で、第52回講談社児童文学新人賞佳作受賞。近著に、『なんちゃってヒーロー』『おなやみ相談部』がある。14歳のころの自分は、「本に出会ったひねくれ者」。

著:安田夏菜(ヤスダカナ)

安田夏菜(やすだかな)…『あしたも、さんかく』で、第54回講談社児童文学新人賞佳作受賞。近著に、『レイさんといた夏』がある。14歳のころの自分は、「妄想の中でだけ、毎日モテモテ」でした。

著:如月かずさ(キサラギカズサ)

如月かずさ(きさらぎかずさ)…『サナギの見る夢』で、第49回児童文学新人賞佳作受賞。『ミステリアス・セブンス-封印の七不思議』で第7回ジュニア冒険小説大賞を受賞。『カエルの歌姫』で児童文学者協会新人賞受賞。14歳のころの自分は「探偵小説に夢中」。

著:市川朔久子(イチカワサクコ)

市川朔久子(いちかわさくこ)…『よるの美容院』で、第52回講談社児童文学新人賞受賞。『ABC! 曙第二中学校放送部』で日本児童文芸者協会新人賞受賞。近著に、『小やぎのかんむり』がある。14歳のころの自分は、「漢字で表すと”辛”か”苦”」。大人の今は百倍楽しい。

オンライン書店で見る