くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100

講談社の絵本
クボタシキノウヲキタエルオリガミマラソン100
編:講談社 監:久保田競
くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

脳をきたえるには、乳幼児期に手を動かすトレーニングをすることが大切です。指を1本ずつ動かしてものをつまんだり、道具を持ったりする運動は、「精密把握」といい、このような細やかな指の動きは、2歳以上にならないとうまくできません。そのため、乳幼児のときから、繰り返しトレーニングすることが大切です。この本では、できるだけ指を動かして、脳の発達を促すために、どのご家庭にも馴染みのある「おりがみ」を用いて、いろいろな角度から、手指のトレーニングを進めていきます。

巻頭口絵の100項目のチェックシートにしたがって、すこしずつトレーニングを積んでいきましょう。しぜんと手先が器用になり、脳がきたえられる一冊です。

<手と指を使うおりがみは……>
1 手先が器用になる
2 創造性が生まれる
3 やる気を高める
4 推察力・計画性を育てる
5 記号を理解する
6 色彩感覚を育てる
7 伝統や文化を大切にする
8 算数の感覚をみがく

製品情報

製品名 くぼた式 脳をきたえる おりがみマラソン 100
著者名 編:講談社 監:久保田競
発売日 2016年10月03日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-268977-9
判型 B5変型
ページ数 128ページ
シリーズ えほん百科シリーズ

著者紹介

監:久保田競(クボタキソウ)

1932年大阪府生まれ。医学博士。京都大学名誉教授。
1957年に東京大学医学部を卒業後、同大学院に進み、3年目に米国のオレゴン州立医科大学に留学。大学院修了後は、京都大学霊長類研究所でサルの前頭葉の構造と機能の研究に従事。同教授、同研究所所長を歴任。1970年から前頭前野の研究をはじめ、図形認知や記憶に関わる視覚中枢を発見するなど、大脳における前頭前野研究の第一人者。乳幼児教育にも積極的に取り組み、妻カヨ子と考案した久保田式育児法を取り入れた、0歳からの育脳教室「くぼたのうけん」では、顧問を務めている。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV