白く長い廊下

講談社文庫
シロクナガイロウカ
  • 電子あり
白く長い廊下
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

十二指腸潰瘍手術後の患者が、長い廊下を病室に運ばれる途中に容体が急変、死亡した。責任を問われた麻酔担当医窪島は、独自に調査を開始し、意外な真相に辿り着く。しかし、その時は、彼は大学の医局間の複雑な対立の中に、足を踏み入れてしまっていた。’92年度江戸川乱歩賞受賞作。乱歩賞初の医学ミステリー。

製品情報

製品名 白く長い廊下
著者名 著:川田 弥一郎 解説:長谷部 史親
発売日 1995年07月06日
価格 定価 : 本体590円(税別)
ISBN 978-4-06-263008-5
判型 A6
ページ数 372ページ
電子版製品名 白く長い廊下
シリーズ 講談社文庫
初出 ’92年9月小社刊行

オンライン書店で見る