肝炎のすべてがわかる本 C型肝炎・B型肝炎・NASHの最新治療

健康ライブラリー
カンエンノスベテガワカルホンシーガタカンエンビーガタカンエンナッシュノサイシンチリョウ
  • 電子あり
肝炎のすべてがわかる本 C型肝炎・B型肝炎・NASHの最新治療
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ひと目でわかるイラスト図解
《講談社 健康ライブラリーイラスト版》

【治療の最終目標は肝がんの防止!】

ウイルス性肝炎は、患者数がB型110万人~140万人、C型190万人~230万人と推定されていますが、大半が診断されていない人や治療していない人です(肝がん白書、2015年)。
一方、今後増加が心配される肝臓病が「脂肪肝」と、脂肪肝から起こる肝炎「NASH(ナッシュ)」です。
肝炎は自覚症状がほとんどないため、自分では気づきにくい病気ですが、肝機能の数値が悪くなった時点で、肝臓に異常が起きています。今は症状がなくても、十数年後には肝硬変や肝がんになっているかもしれません。すぐに適切な治療を受ける必要があります。
本書は、肝臓の基礎知識や最新の治療法、肝炎との付き合い方をわかりやすく図解した、1 冊で肝炎のすべてがわかる決定版です。

【主なポイント】
★効果の高いのみ薬が次々登場。治る病気になった「C型肝炎」
*1.ウイルスのタイプ、2.肝臓の状態、3.合併症の有無で治療方針が決まる
*治療を確実に成功させるための抗ウイルス薬の正しいのみ方
*治療成功後も発がんの危険は残るため定期的な受診を

★慢性化するタイプが増えている「B型肝炎」
*核酸アナログで約9割の人の肝炎が治まる
*肝がんも防げる、もっとも注目されるシークエンシャル療法
*治療期間が長いため、かかりつけ医と専門医の連携が重要

★お酒に関係なく発がんしやすい脂肪肝炎「NASH(ナッシュ)」
*がんの5人に1人は脂肪肝が原因。危険な脂肪肝の見分け方
*特効薬は運動。改善しなければ薬や手術も

【本書の内容構成】
第1章 脂肪肝・NASH――放置は危険!がんを防ぐには
第2章 C型肝炎――のみ薬だけで治す時代に
第3章 B型肝炎――最適な治療で病気の進行を止める
第4章 肝硬変・肝がん――肝炎悪化のサインを見逃さないで
第5章 肝臓をいたわる生活のポイント

製品情報

製品名 肝炎のすべてがわかる本 C型肝炎・B型肝炎・NASHの最新治療
著者名 監:泉 並木
発売日 2017年01月25日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-259808-8
判型 B20取
ページ数 100ページ
電子版製品名 肝炎のすべてがわかる本 C型肝炎・B型肝炎・NASHの最新治療
シリーズ 健康ライブラリーイラスト版

著者紹介

監:泉 並木(イズミ ナミキ)

■監修者プロフィール■
泉 並木(いずみ・なみき)
1978年東京医科歯科大学医学部卒業、86年4月武蔵野赤十字病院内科副部長、2008年同病院副院長、2016年7月より同病院院長。専門は消化器科、特にB型・C型肝炎、肝がんの診断と治療。
武蔵野赤十字病院で30年以上肝臓専門医として従事。B型・C型慢性肝炎には最新の治療を取り入れ、特にC型肝炎には遺伝子検査を行い、治る確率を明らかにした上で患者に最適な治療法を提案する。
肝がんでは、ラジオ波焼灼療法の第一人者として世界的にも知られ、国内有数の成績を誇る。日本肝臓学会の肝がん撲滅運動の東京都責任者として社会運動にも積極的で、テレビ出演や書籍の監修等多数。監修書は『別冊NHKきょうの健康 C型肝炎・B型肝炎・脂肪肝・肝硬変・肝がん』(NHK出版)など。

オンライン書店で見る