腎臓病のことがよくわかる本

健康ライブラリー
ジンゾウビョウノコトガヨクワカルホン
  • 電子あり
腎臓病のことがよくわかる本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ひと目でわかるイラスト図解
《健康ライブラリーイラスト版》

【腎臓は知らないうちに弱っていく! 進行とともに体中がゴミだらけに……】

腎臓病が進行して腎不全にいたり、透析治療に入る人が年々増加しています。
血液を浄化し、体内環境を保つために欠かせない役割を果たしている腎臓。
この働きが徐々に低下していく慢性腎臓病(CKD)の状態にある人は、
なんと成人の8 人に1 人! 「新たな国民病」ともいわれています。
重度になれば透析が避けられないのですが、
透析は絶対いやと食事制限など間違った知識で、
がんばりすぎた結果、全身状態が悪化する人もいます。
なにが原因でCKDになってしまうのか?
食事療法や運動療法で腎臓の機能は元に戻るのか?
透析にならないためにはどうしたらいのか?
透析開始後の生活はどうなる、仕事は続けられるのか?
本書はその進行度合いに応じて効果的な対策を実践できるように、
検査数値の見方から食事療法・運動療法・薬物療法、透析治療までを
正しい知識を図解でわかりやすくまとめた決定版です。

【本書の内容構成】
第1章 見逃さないで! 腎臓からの危険信号
第2章 なにが起きている? どうすればいい?
第3章 腎臓を長持ちさせる食事療法・運動療法
第4章 薬物療法で腎臓の働きを守る
第5章 それでも進んでしまった人のために

【主なポイント】
*自覚症状だけで早期発見はできない。たんぱく尿、血尿が出たら要注意
*糖尿病や高血圧は腎臓を痛める大きな要因に
*治療に取り組む意欲を保つ、検査値・測定値の記録の仕方
*今日から実践! 塩分・たんぱく質・カリウム・リンを減らす食事法
*週3回、1日30分程度の運動を定期的に続ける
*特効薬はない。状態に合わせ複数の薬を使う
*透析を始めて変わることと変わらないこと
*条件さえ整えば患者さんには理想的な治療法「腎移植」

製品情報

製品名 腎臓病のことがよくわかる本
著者名 監:小松 康宏
発売日 2016年08月11日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-259806-4
判型 B20取
ページ数 100ページ
電子版製品名 腎臓病のことがよくわかる本
シリーズ 健康ライブラリーイラスト版

著者紹介

監:小松 康宏(コマツ ヤスヒロ)

【監修者プロフィール】
小松康宏(こまつ・やすひろ)
1984年、千葉大学医学部卒業。聖路加国際病院副院長・腎臓内科部長。千葉大学医学部臨床教授。北里大学医学部客員教授(生理学)。慢性腎臓病の名医として知られるが、「神の手」よりも重要なのは「チーム医療」との信念のもと、患者本人も含め、看護師・栄養士・薬剤師らとともに治療にあたる。また「患者本位の医療」を実践する立場から、腹膜透析や在宅血液透析にも力を入れている。内科が中心となった腎移植を推進、移植後の感染症、血圧・血糖コントロール、循環器疾患などの合併症に対しても安全性の高い医療を提供している。著書は『腎臓病診療に自信がつく本』(カイ書林) 、『シチュエーションで学ぶ輸液レッスン』(メジカルビュー社)、『腎臓病にならない、負けない生き方』(サンマーク出版)など。

オンライン書店で見る