胃がん 完治をめざす最新治療ガイド

健康ライブラリー
イガンカンチヲメザスサイシンチリョウガイト
胃がん 完治をめざす最新治療ガイド
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ひと目でわかるイラスト図解
《講談社 健康ライブラリーイラスト版》

【胃がんのすべてがわかる!納得いく治療法を決めるための決定版】

胃がんはごく早期なら適切な治療で100%治るといわれています。
一方、わずかな期間に転移し、進行していくタイプもあります。
早期胃がんでも進行胃がんでも、がんを告知された人の気持ちや戸惑いは同じです。
患者さんが正しい知識を得ることは、積極的な治療に挑むためには不可欠です。
本書ではイラストや図版を多用し、正しい知識をわかりやすく解説します。
患者さんご本人だけでなく、大切なご家族が胃がんと診断されたときの不安や疑問に応える一冊です。

【本書の内容構成】
第1章 胃がんをよく知ることから始めよう
第2章 治療の中心は手術による胃の切除
第3章 手術以外の治療をするとき
第4章 胃の状態に合わせた食事をする
第5章 術後を快適に過ごすには

【本書の主なポイント】
*原因はいろいろあるが、ピロリ菌の影響が大きい
*早期がんと進行がん、違いはがんの深さ
*スキルス胃がんはなぜ治療が難しい?
*最も多くおこなわれる治療法は胃の3分の2以上と一部のリンパ節を取る「定型手術」
*転移の危険性が低いときは「機能温存術」の選択も
*ごく早期なら内視鏡でがんを取れる
*体への負担が少ない「腹腔鏡手術」の長所と短所
*がん細胞だけを狙い撃ちする分子標的薬
*手術後の食生活の変化と食べ方のポイント

製品情報

製品名 胃がん 完治をめざす最新治療ガイド
著者名 監:佐野 武
発売日 2016年07月11日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-259805-7
判型 B20取
ページ数 100ページ
シリーズ 健康ライブラリーイラスト版

著者紹介

監:佐野 武(サノ タケシ)

【監修者プロフィール】
佐野 武(さの・たけし)
がん研有明病院副院長。同消化器センター長。
1980年東京大学医学部卒。東京大学医学部附属病院第一外科、静岡県焼津市立総合病院などを経て、93年より国立がんセンター中央病院外科、96年より同医長、2007年より同部長。08年より現職。日本胃癌学会理事、国際胃癌学会事務局長。英国外科医師会「D2胃切除講座」講師。自らを「スポークスマン」と任じ、世界各国に胃がんの手術を指導している。その技術力は日本のみならず、世界でも注目される。『Gastric Cancer』(Springer)編集、『胃がん手術後の生活読本』(主婦と生活社)の監修書などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV