うちの子はADHD 反抗期で超たいへん!

こころライブラリー
ウチノコハエーディーエイチディーハンコウキデチョウタイヘン
  • 電子あり
うちの子はADHD 反抗期で超たいへん!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

発達障害の息子が、思春期に突入!
どーする、子育て!? 
漫画家ママのドタバタ「体験コミックエッセイ」

ADHD(注意欠如・多動症)とは……

「不注意」「落ち着きのなさ」「衝動を止められない」などの特徴が出る
発達障害の一種です。

こんな特性をもつ息子・リュウ太くんが、
「むずかしい年頃」をむかえたから、さあ大変!

●中学校ではどう支援してもらう?
●ADHDのことを、本人や周囲にどうわかってもらう?
●クラスメートとの関係、大丈夫かしら!?
●「反抗→親子ゲンカ」の悪循環をどうしよう!?
●成績が大ピンチ! 進路選択どーするのっ!?

ケンカっ早く、忘れ物だらけ、「やりたい」と思ったら止められない。
そしてついに、家のお金に手をつけて……。

問題だらけでも「かわいい我が子」に、親はどう向き合ってきたのか?
一気読み必至の傑作です。

思春期前までを描いた『漫画家ママの うちの子はADHD』(既刊)とともに
お楽しみください!

目次

  • 目次】
  • はじめまして
  • リュウ太の特徴
  • 1.反抗期のまえぶれ!?
  • 2.ADHDのことを伝える
  • 3.みんなに理解してほしい!
  • 4.入学前に中学校へ
  • 5.その衝動、なんとかしたい!
  • 6.ケンカを減らしたい!
  • 7.息子の忘れ物対策
  • 8.先生、ありがとうございます!
  • 9.我が家の金銭教育
  • 10.成績が大ピンチ!
  • 11.そして、進路選択へ
  • 【解説】田中康雄(児童精神科医、、「こころとそだちのクリニック むすびめ」院長)

製品情報

製品名 うちの子はADHD 反抗期で超たいへん!
著者名 著:かなしろにゃんこ。 監:田中 康雄
発売日 2017年10月04日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-259719-7
判型 A5
ページ数 144ページ
電子版製品名 うちの子はADHD 反抗期で超たいへん!
シリーズ こころライブラリー

著者紹介

著:かなしろにゃんこ。(カナシロニャンコ。)

千葉県生まれ。漫画家。1996年に「なかよし」でデビュー。『大人も知らない「本当の友だち」のつくり方』『11歳の身の上相談』(ともに講談社)などにも漫画やイラストを寄稿。作品に、発達障害のADHDがある息子との日々を描いた『漫画家ママの うちの子はADHD』(監修・田中康雄)『発達障害 うちの子、将来どーなるのっ!?』『発達障害 うちの子、人づきあいだいじょーぶ!?』(以上、講談社)、『発達障害でもピアノが弾けますか?』(原作・中嶋恵美子、ヤマハミュージックメディア)などがある。

監:田中 康雄(タナカ ヤスオ)

1958年生まれ。北海道大学名誉教授、児童精神科医、臨床心理士。現在、「こころとそだちのクリニック むすびめ」院長。1983年に獨協医科大学医学部を卒業後、旭川医科大学精神科神経科、同病院外来医長、北海道大学大学院教育学研究院教授、附属子ども発達臨床研究センター教授などを経て現職。『軽度発達障害―繋がりあって生きる』(金剛出版)、『生活障害として診る発達障害臨床』(中山書店)など著書多数。

オンライン書店で見る