10歳までの子を持つ親が知っておきたいこと

こころライブラリー
10サイマデノコヲモツオヤガシッテオキタイコト
  • 電子あり
10歳までの子を持つ親が知っておきたいこと
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

10歳までの子育てで「すべきこと」「してはいけないこと」とは?
 ――多くの「悩めるよい子」を見てきた精神科医の「お母さんのための処方箋」

子どもの心の土台は、10歳ごろまでに固まり始めると考えられています。
そして、子どもの心に大きな影響を及ぼすのが、親とのかかわりです。
一見、何の問題もないように見える子どもであっても、
親の関係とあわせて子どものようすを振り返ってみると
「悩みのもと」が潜んでいたと思われることも少なくありません。
じつは、素直で親のいうことをよく聞く「よい子」ほど、心の問題を抱えがちです。
しかし、10歳までに「悩みのもと」に気づくことができれば、
軌道修正はさほどむずかしくないのです――。


《子どもが抱える「悩みのもと」をみつけるために、こんな「よい子」に要注意》
・好き嫌いを言わない
・自慢げにすることがない
・勉強や習い事をがんばりすぎる
・クラスの人気者で、誰からも好かれている

《「悩めるよい子」を育てるのは、お母さんのこんなかかわり方です》
・子どもの行動を何もかも指図する
・イライラをぶつけてしまう
・「あなたのため」と言って、子どもに無理をさせる
・子どもに期待しすぎる
・子どもの話への反応が薄い


★なぜ、「10歳まで」が大切?
……10歳までに生き方のベースができるからです
★なぜ、「よい子」が要注意?
……不登校、摂食障害、対人恐怖症などの心の病は10歳まで「よい子」だった子の思春期に起こりやすいのです
★なぜ、「悩めるよい子」が育ってしまう?
   ……子どもを親のペースに巻き込んでしまうからです
★10歳までの「習い事」で子どもを伸ばすには?
   ……子どもが好奇心を示すものに注目することが、才能を伸ばす基本です

目次

  • 第1章 「10歳まで」が大切なわけ
  • 第2章 「よい子」は思春期に悩み始める 
  • 第3章 「よい子」のどこが、なぜ問題? ――4つの特徴と「対応のしかた」
  • 第4章 「悩めるよい子」を育てるかかわり方  
  •          ――問題のある4つの傾向と「お母さんのための処方箋」
  • 第5章 10歳までの「遊び」と「習い事」で子どもを伸ばす

製品情報

製品名 10歳までの子を持つ親が知っておきたいこと
著者名 著:鍋田 恭孝
発売日 2015年08月07日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-259717-3
判型 四六
ページ数 208ページ
電子版製品名 10歳までの子を持つ親が知っておきたいこと
シリーズ こころライブラリー

著者紹介

著:鍋田 恭孝(ナベタ ヤスタカ)

愛知県生まれ。慶應義塾大学医学部卒業。同精神神経科助手、同講師、宇都宮大学保健管理センター助教授、防衛医科大学校精神科講師、大正大学教授、立教大学現代心理学部教授を歴任。現在は、青山渋谷メディカルクリニック名誉院長、青山心理臨床教育センター代表として臨床にあたっている。
医学博士、臨床心理士、日本精神神経学会認定専門医および指導医、欧州共同認定サイコセラピスト。
日本青年期精神療法学会常任理事、日本サイコセラピー学会常任理事、日本心身医学会代議員、日本うつ病学会評議員。
著書に『身体醜形障害』(講談社こころライブラリー)、『変わりゆく思春期の心理と病理』『うつ病がよくわかる本』(ともに日本評論社)などがある。

オンライン書店で見る